スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JNSからの入金を確認しました

2008 - 04/30 [Wed] - 14:24

全FX投資資金の8割程度を投下していたJNSだけに、出金手続き動向にナーバスになっていましたが、先ほど無事入金を確認することが出来ました(本来、当たり前のことなんですけどね)。

昨日は不安のピークに達し、JNSに出金動向を問い合わせしてみましたが、いつもどおり丁寧な応対で、JNSのサポートセンターには好感が持てます。セントラル短資の、両替を面倒くさそうに応対するサポートマンとは大違いです(たまたま受け付けた彼だけかもしれませんけど)。
こうした直接的な応対や取引条件も含めて私には一番良いと思える会社だったので、証拠金比率の突然の変更や会社規模には目をつぶってメイン口座として使う予定でしたが、こうした事態になって本当に残念です。

SAXO系のシステムに慣れきってしまったので、KakakuFXやHiroseTraderで今後も取引を行いますが、今回の件で会社の信頼度や入出金の手軽さも、取引の条件として非常に重要だな・・・と思わされました。

特にSAXO系では、クイック入金も出来ませんし、出金手続きもトレードシステム上からは行えないなど、お金の出し入れには不便さを感じます。と、同時にFX業者を信頼しきってしまうリスクを痛感したので、証拠金を全て口座に入金してしまうより、手元にある程度残しておき、必要なときに即入金するといったトレード環境にも重きをおきたいと思います。

そんなわけで、眠っていたセントラル短資にちょっとだけ入金しました。ZAR/JPYはここで運用しようと思います。

スポンサーサイト

現在のポジション(Apl-5)

2008 - 04/29 [Tue] - 12:10

JNSの不祥事に伴い、CHF/TRYをHiroseTraderにて建直しました。前回より、約1000Pips建値が下がっている状況ですが、USD/CHFもあとしばらくはドル買い方向に進みそうですので、現在値でも許容範囲内かな?と思っています。但し、CHF/TRYだけはどうしても値洗い方式で建てたかったので、HiroseTraderを使用しました。JNSでポジションをとっていたZAR/JPYも、改めて建て直す予定ですが・・・

早く出金しやがれ、JNS!!

という状況にて、資金不足のためポジションをとれません。

こうなると、わざわざGWだと分かっているのに処分勧告する証券取引等監視委員会までも、憎たらしいことこの上ありません。

【現在のポジション(スワップ用)】

取引業者
買/売
通貨ペア
取得日
建値
値洗後
HiroseTrader
Short
CHF
TRY
2008/4/28
1.2369
1.2369
Hirose LionFX
Short
USD
TRY
2008/4/15
1.32
 


にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

続・JNS行政処分

2008 - 04/27 [Sun] - 13:42

私の場合、JNSをメイン口座として使用してきましたので、今回の行政処分の行方は今後のFX取引まで左右されることになります。

とりあえず、出来るだけ冷静に現状を考えてみたいと思います。

① 資金は戻ってくるのか?

 一番の問題はコレです。
 JNSの問題行為は、第一に「特定顧客に対し取引一任勘定取引契約(目的は脱税と、その幇助による取引拡大)を締結し、運用に失敗。その損失は他顧客口座に付け替えて損失隠蔽を図った。損失合計は約3億8百万円」という内容です。

 脱税幇助も付け替えも隠蔽も、NGなのは言うまでもありませんが、損失額はどうでしょうか。

 JNSの企業データは以下の通りです。
 (まぁ、これもHPからの情報なので信憑性を疑ったらキリがないですが・・・)

 ・ 資本金 : 4億8000万円 (2008年1月)
 ・ 預り高 : 83億7500万円 (2008年2月)
 ・ 決算状況 : 07/3期 営業収益:4億4977万円 経常利益:103万円

 前期の経常利益率が低いのが気になるといえば気になりますが、一応黒字経営です。特別損失が本当にこれだけなら債務超過でもありませんし、経営破たんではないので、資金が戻ってくる確率は高そうです(ここには希望的観測が入ってますね・・・)。しかし、検査基準日において自己資本規制比率が120パーセントを下回る状況にあるようですから、出金手続きは急いだ方がよさそうです。
 また、曲がりなりにも信託保全が謳われているFX-Navi Mainに対して、FX-Navi Majorは信託保全されていませんので、返金の信頼性は落ちると思われます。といっても五十歩百歩だと思いますが・・・

② 取引は継続できるのか?

 個人的には全決済・全額出金依頼をしましたので取引をする予定はありませんが、中には含み損を決済したくない・良ポジを育てたい、といった考えから、継続取引を望む人もいると思います。

 これについては、法令違反事項の「金融先物取引業者の登録の申請に当たり、自己資本規制比率が100%未満に過ぎなかったにもかかわらず、120%超とする書面を添付して申請を行い、登録を受けた」「取引一任勘定取引の契約を締結した」など、悪質な違反が多数認められることから、今回の処分は良くても営業停止、恐らくは営業登録取消となりそうです(あと社長逮捕も)。

 現在は円安トレンドなので含み益を伸ばす絶好機であるのですが、ポジションを持ち続けようとしても近い将来には決済依頼が来たり、強制決済される状況になる可能性が非常に高いと思われます。

 私もCHF/TRYだけは残そうかと、チラッとは思いましたが、大きな不安を抱えながら保有し続けることより、現資産を守ることの方が最優先であると判断し、決済しました。

③ JNSに代わる取引業者は?

 これは人それぞれだと思いますが、私の場合は以下のようにするつもりです。

 ・ マイナー通貨、マイナー通貨ペア取引(値洗い方式での資金調達利息狙い)
  Hirose-Traderへ移行。信託保全が無いので使うのを迷ってましたが、こういう状況になると保全もヘッタクレもありません。

 ・ マイナー通貨、マイナー通貨ペア取引(建値維持方式でもいいペア)
  KakakuFXプレミアムに移行。業者リスクはSAXO系で一番低いと思いますので。

 ・ MXN/JPY、EUR/ISK、USD/ISK限定。 
  Astmax Economy。既に取引中。

 ・ マイナー通貨、1000通貨単位取引
  Hirose Lion-FX。トルコリラ運用中。

 ・ SAXO系でのデイトレ用(指標時トレード用)
  KakakuFXスタンダード。いずれパールを目指します。Astmax Firstを開設する資金(最低300万)はありませんし・・・

 こんな事態を予想していたわけではありませんが、KakakuもHiroseもAstmaxも全部口座を持ってますので、とりあえずGW中は取引出来ません><、という状況は回避できます。それが良いのか悪いのかはわかりませんけどね。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

JNS行政処分&全ポジション決済(T_T)

2008 - 04/26 [Sat] - 01:24

正直、業者にまで見放されたのか・・・ と天を仰ぎたくなります。



株式会社ジェイ・エヌ・エスに対する検査結果に基づく勧告について
平成20年4月25日
証券取引等監視委員会
(中略)

(1) 顧客の課税免脱に加担する行為等

当社社長は、平成13年2月頃、外国為替証拠金取引により大きな収益を上げている顧客がいたことから、当該顧客の税金対策、さらには顧客との取引拡大や当社の手数料収入の向上につなげる目的で、平成13年2月28日から同18年8月22日までの間において、顧客が売買損を発生させたような取引を装い、当該顧客の口座から海外居住者口座等に委託証拠金等を資金移転のうえ、移転先口座で外国為替証拠金取引を行う取引一任勘定取引契約の締結を行った。

当社役員(以下「一任運用担当役員」という。)は、当該取引一任勘定取引契約に基づく資金運用を担当していたところ、外国為替相場を読み違えて運用に失敗し、全建玉を決済した平成18年5月9日までに、資金移転した委託証拠金等の全額を消失させ、さらには、当社の計算に帰属する損失を発生させた。一任運用担当役員は、これらの損失が社長に発覚することをおそれ、架空売買により、(取引一任勘定取引契約を締結した顧客とは別の)当社顧客(以下「一般顧客」という。)の口座にその損失を付け替え、当社損失の隠蔽を図った。

社長は、平成18年7月頃までには、当社損失が一般顧客口座に付け替えられている事実を認識したにもかかわらず、何ら是正措置を図ることなく放置したばかりか、当社経理を担当する役員に対して、さらに架空売買による委託証拠金等の資金移転を指示し、平成20年1月7日現在、一般顧客口座には当社の計算に帰属する損失合計308,000千円が存在する状況となっている。


(2) 認められた法令違反行為
① 不正の手段により金融先物取引業者の登録を受けた行為
② 取引一任勘定取引の契約を締結する行為
③ 委託証拠金等を不正の手段により取得する行為
④ 外国為替証拠金取引について生じた顧客の損失の全部を補てんするため当該顧客に対し財産上の利益を提供する行為
⑤ 虚偽の自己資本規制比率を届け出る行為及び虚偽の数値を記載した事業報告書を提出する行為
⑥ 業務に関する帳簿書類に不実の内容を記載する行為
⑦ 顧客から預託を受けた保証金等(委託証拠金等)を自己の固有財産と区分して管理していない状況
⑧ 自己資本規制比率が120パーセントを下回る状況


たまたまポジれただけにしろ、CHF/TRYがお宝ポジションになるかもしれないと期待した矢先に、これです。

信託保全も糞もあったものではありません。

こんな形でポジションを閉じることになって、本当に悔しい限りですが、どうしようもありません。

CHF/TRYの良ポジも、ZAR/JPYの含み損も全部決済しました。

恐らく、出金が殺到すると思われますので、通常通りの出金手続きが行われるかどうかすらわかりません。

口座数18,000を超える業者ですから、FX業界においては大手とも言えるJNSでこの有様です。
本当に業者を精査して、自己資金を守らなければなりませんね。

他の業者がTRYやISKの証拠金比率引き上げを見送る中で、ある意味不自然に比率引き上げを強行する理由は、これだったって訳ですか・・・。


まさかこんな事態になるとは予想だにしなかったので正直冷静ではなく、落ち着いたら改めて記事にするかもしれませんが、とりあえず出金依頼した資金が無事に手元に届くのを祈るばかりです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

マゲヂカラ

2008 - 04/24 [Thu] - 18:06

本日の取引です。


英・小売売上高指数-3月を狙って、ポンドルにLongの指値を入れました。

本日はEUR/USDでドルが珍しく強く、GBP/USDもドル買いに傾いていました。一方で、ドルが買われすぎなんじゃないか?という思いと、ひまわり証券の予想でも一時的にポンド高になる確率が高いような予想を出していましたので、ちょっとだけデイトレしようかな・・・と。


そうしたら、以下の値動きです。


GBPUSD.jpg


指値を@1.975に入れた直後に、待っていたかのように急落(指標発表約10分前。実は@1.9775で指そうと思ったのが間違ってたんですけど・・・)。欧州勢の参加により、ややポンド売りには傾いていたものの、凪相場が一気に急展開です・・・


こんなのって・・・


私の取引って見張られているのかしら・・・


「カモAが指値しました」


「よし、巻き込んで思いっきり下げて、狼狽させろ」


・・・なんて。


結果的に指標がよかったので、15Pipsとれて手仕舞いましたけど、(-_-)ナニカ?


にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

EUR/USD@1.6突破

2008 - 04/23 [Wed] - 08:46

正直、「あっさり」超えてきたといった感じです。日足でチャートを見ても、@1.5を超えてからは3月中旬に一度押し目があっただけで、ほぼ一貫して買われ続けていましたし、流れそのままですか・・・。
といっても、後からチャートを見るのは楽ですが、実際にその流れに沿っての売買は中々出来ないんですけど。

昨日は、米・中古住宅販売件数-3月の発表もありました。予想が490万件に対し、結果は493万件と予想より若干良い数値だったため、直後はドルが買われましたが、結局行って来い。
予想より・・というだけで、数字自体は全くダメですから止むを得ませんね。これが3月だったら、完全に売り材料だったと思います。

ユーロと同様に、欧州通貨は全般的に強く、中でもノルウェークローネは本日利上げが予想されていますので、ここのところ本当に強いです。でも利上げ自体は前回の政策会合時に示唆されていたわけですし、今更利上げを織り込むような動きも納得いかない感じはするのですが・・・。多分、金利発表後は反落するんじゃないか?と思っています。
また、同じく強いのがポーランドズウォティですが、こちらは情報が少なく、これほどまでに強い理由がよく分かりません。時間があったら、ちょっと調べてみたいと思います。

食料自給率から考えるマイナー通貨投資

2008 - 04/22 [Tue] - 17:59

昨日だったか、代替エネルギーとしての需要や中国等の新興国需要増、気候変動による不作、及び投機資金の流入による商品市場高騰から、食料輸入国での穀物をはじめとする食料品不足・物価高騰が深刻化しているとの報道を見ました。

日本でも、食品の値上げが相次いでいますが、こんな状況下でも日本は自給率を上げようとする努力すら見えません。それどころか、補助金ばらまきによる集票システムを維持したい農林族により、日本の農業は衰退の一途を辿っていると思え、本当に失望するばかりです。
まぁ、だからこそ外貨に投資してるわけですが・・・

為替市場では、中長期トレンドにおいて資源国通貨が買われている状況ですが、食料もある種の資源と捉えるなら、食料自給率が高い国の通貨に投資するのも面白いかな・・・と思って調べてみました。

以下は農水省HPからまとめたものです。

 
穀物自給率
(2003)
食料自給率
(2003)
オーストラリア
333
237
フランス
173
122
カナダ
146
145
ハンガリー
141
 
アメリカ合衆国
132
128
スウェーデン
122
84
デンマーク
107
 
ドイツ
101
84
中国
100
 
英国
99
70
ロシア
99
 
トルコ
95
 
ポーランド
93
 
南アフリカ
85
 
ノルウェー
72
 
ニュージーランド
71
 
メキシコ
64
 
スイス
49
49
日本
27
40

データが若干古いので、現在は状況が変わっているかもしれませんが、少なくとも日本の自給率はこの数字からほぼ横ばいです。

こうしてみますと、オーストラリア・カナダは鉱物資源豊富で食料自給率も高く、投資先として非常に有望だと改めてわかります。仏・独が安定した数字なので、EU圏もあまり不安はないですね。

高金利通貨圏では、ハンガリーやトルコやポーランドといったところが割と高い自給率です。ニュージーランドは乳製品など食料輸出国のイメージがありましたが、意外に穀物自給率は低く、メキシコとともにちょっと不安がある数字です。

数字的に酷いのはスイスと日本で、奇しくもキャリートレード対象通貨は金利も自給率も低いです。

トルコリラは、SAXO系業者に続いてHiroseFX2でも証拠金比率が引き上げられるようですし、投資リスクが高まってきていますが、こうした数字を見るとちょっとだけ安心感が沸いてきます(でも、2008年データが出たらとんでもない数字だったりして・・・)。
やっぱり長期のメインはAUDですね。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

異常スワップ、その後

2008 - 04/22 [Tue] - 08:29

一日で約1千万~約1億のスワップがもらえる予定でしたCHF/PLNですが、その後のHP上の案内では、以下の通りになっています。

SAXO銀行
 CHFPLN 21-Apr-2008 22-Apr-2008 210.999971 でメンテナンス無し。

KakakuFX
 「-」に訂正、その後22-23分にさらっと差し替え。

hirose-Trader
 CHF/PLN 1 04/21 04/22 100426505 でメンテナンス無し(払ってくださいね~)。

SVC証券
 CHFPLN 21-04-2008 22-04-2008 2110000 でメンテナンス無し。

JNS
 CHFPLN 2008/04/21 2008/04/22 1日分 2.13902 調査中と案内。
 あら、珍しい。JNSが一番まともな状況。スワップ表すら更新されてないとおもったのに^^;

121証券
 CHFPLN 21-04-2008 22-04-2008 211 ただし、211は単位10000CHF*PLNです。

アストマックス
 スイスフラン/ポーランドズズロチ -123 100715291 ここも1億達成、おめでとう。

マイナー通貨ペアだけに、全然話題になってませんが、ポジション持っている人にはこっそりごめんねメールでも届いているのでしょうか。
やっぱり、CHF/PLNポジっとけば面白かったのにな~。最近、PLNが強すぎます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

すごいスワップ

2008 - 04/21 [Mon] - 11:33

たんなる揚げ足取りですが、KakakuFXでCHF/PLNを10,000通貨ポジると、約1千万のスワップ収入があるようです^^;

すげ~、ポジっとけばよかった~。

CHF/PLN




って、冗談かと思ったらSAXOの配信からその数字でした。
本気なんだろうか・・・

CHF/PLN2


にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ



追記
SAXO銀行を利用する各社とも、スワップ情報のチェックは行っていないみたいです。
Hirose-Traderは明確に1千万を超えて・・・って、よくよくみると1億超えてるw
すごい!スワップ1日で億万長者です。
でも、KakakuFXは「-」に訂正されてました。

CHF-PLN3.jpg

現在のポジション(2008-Apl3)

2008 - 04/19 [Sat] - 11:46

大幅な円安だった昨晩の為替相場ですが、NY市場の引けにかけてさすがに行き過ぎた反動か、ユーロが買い戻されたのか、USD/JPYは@104を割り込んで、引けてました。

保有ポジションは、短期のAUD/NZD(Short)をロスカット。ニュージーランドは最近弱い経済指標結果が連発していますので、しばらく弱含みでしょうか。レンジでの差益を狙ったのですが、どうも失敗ムードが漂ってきたので、切りました。
さらに、USD/ZARもセットで手仕舞いし、USD/TRYに持ち替えました。
長期スワップ用ポジションではあるのですが、「絶対損切りしない」という呪縛にとらわれなくなったので、ちょこちょこ入れ替えてノンビリ構えていられるポジションを作っていきたいと思っています。

それにしても、昨日の円安でスワップ用ポジションの仕込み場は一気に遠のいた感じ・・・ハァ。

【現在のポジション(スワップ用)】

取引業者
買/売
通貨ペア
取得日
建値
値洗後
JNS
LONG
ZAR
JPY
2007/11/9
超高値
 
JNS
SHORT
CHF
TRY
2008/4/16
1.3330
1.33494
Hirose-LION
SHORT
USD
TRY
2008/4/9
1.30
 
Hirose-LION
SHORT
USD
TRY
2008/4/15
1.32
 


【現在のポジション(短期)】
なし

シティグループ決算から円安へ

2008 - 04/18 [Fri] - 23:56

久々に、凄いことになってます。

シティグループの2008-1Q決算発表から、欧州株とNYダウ先物が買われたことを受けて、ドル買いが一気に進み、あっというまに円全面安の展開へ。この動きをリアルタイムで確認することは出来ませんでしたが、PM8:00の時点でレートをチェックして、たまげました。ありえないでしょ、こんな動き。

そして、ドル円は現時点で@104.3まで急進しています。
あと、1週間早くこれがきてくれたら、MXN/JPYやCHF/NOKも残ってたのに・・・orz。
あと、2週間早かったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もう考えるのは止めます(T_T)

最初は中々動きの鈍かった高金利通貨群も、無理やり引っ張られる形で買われ始め、ZAR/JPYは13円台半ば、TRY/JPYは79円台半ばまで円安が進んでいます。ISKだけは取り残されていますが、理由はわかりませんし、もうポジションもないので調べる気にもなりません^^;

この円安での唯一の救いは、一昨日衝動売りしたCHF/TRYに利益が乗っていることです。
さすがのスイスフランも、リスク回避後退相場には反応薄で、USD/CHFでは大きくCHFが売られています。一番不安定な時期に、CHFを売ってTRYを買うという最も愚かしい行動が「たまたま」上手くいったみたいです。
昨年は、CHF/TRYが@1.1以上で仕込めるなんて「お宝ポジション、ゲットォ!」ぐらいの感覚でしたが、今や@1.3を割ってきただけで「頑張ってるな~、トルコ」の感覚とは、高金利通貨恐るべし・・・。

これが短期のダマシでないことを祈るばかりです。

ノルウェークローネは割高か?

2008 - 04/17 [Thu] - 17:38

FXをやっていると、為替関連の記事がよく目に留まるようになります。
先日もダイヤモンド誌で為替特集が組まれていたので、つい買ってしまいました。

その中で、かの有名な?ビッグマック指数表も載っていたのですが、この指数どおりに実際のレートと購買力平価との乖離率(誌上計算)を並べると、こんな感じになります。

 割高 NOK>CHF>EUR>GBP>CAD>TRY>NZD>USD
     USD>AUD>PLN>MXN・JPY>ZAR 割安

ZARが割安かどうかは非常に疑問が残りますが、一方でノルウェークローネの割高さも際立っています。
実際に現地通貨で40NOKが購入価格となり、1NOK=20.5円で計算すると、ビッグマック1個が820円となります。

・・・そんなマック誰が食うか!って感覚ですよね。

別にビッグマックで為替レートが決まるわけではありませんし、特に原油価格が高騰していますので、世界第3位の石油輸出国であるノルウェー通貨は買われて当然なのかもしれません(現時点でNOK/JPYは今年の最高値に迫る水準で推移しています)。
不安定な時期ですので、「強い通貨」でスワップを得たいと思ってはいるのですが、さすがに対ドル・対円でNOKは買われすぎ・・・とも思えなくありません。

従いまして、この記事を見るまでもなくポジション取りしていたCHF/NOKでノルウェークローネをポジって、為替変動リスクの少ないスワップ収入を得たいと思ってます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

やっぱりエマージング通貨が弱い

2008 - 04/16 [Wed] - 23:07

今年に入って、何度目かもう数え切れないぐらいですが、今日もエマージング通貨が総じて売られています。

特に、AUDに比べてNZDが異常に弱く、AUD/NZDがこれも狙いすましたかのように、タイミングよく捕まっています・・・orz
今日の指標やニュースからは、エマージング通貨が狙い打ちされるような特筆すべき材料は特に見当たらなかったと思うんですが・・・、何なんでしょうね。

今日は通貨の優劣が特にはっきりしています。
× USD
○ EUR
○ AUD
× NZD
○ CAD
○ NOK
× ZAR
× TRY

USD/EURは最高値を更新、一時@1.5967まで上昇。いよいよ@1.6の大台が見えてきたといった感じです。
AUD/ZARは@1.2を目指す展開。
また、資源国通貨は商品市場に再び投機マネーが流入しており、軒並み確り。

こんな日に私は・・・といえば、あまりに売られるトルコリラに衝動を抑えられず、CHF/TRYを0.5だけShortしてますし・・・。まぁ、ISKも全部処分してしまいましたし、0.5枚ぐらい夢が見れてもいいかな、と弁解。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

G7明けの相場

2008 - 04/15 [Tue] - 12:49

週末にG7声明を受けて、週明けの動きを以下のように予想しました。
 ・ 円全面高
 ・ EUR/USDは若干ドル買い
 ・ エマージング通貨売り

結果は以下の通りです。
 USD/JPYは窓を開けて寄付き(SAXOでは101.85と大幅GUスタート)後、窓を埋める形で急落。欧州~米国時間帯には100.29まで下落して、その後反発。
 EUR/USDも1.56895の大幅GDで寄り付いた後、急速にドルが売られ、結局は窓埋め達成。
 確かにドルは買われましたが、声明を素直に受け止めたオセアニア&アジア勢に対して、欧州勢は全く材料視していないという感じ。
 円は買われていた感じですが、全面高という様相でもなく、エマージング通貨が弱いという点が一番当たっていたかも。

正直、朝方USD/JPYでドル買いして欧州時間に利益確定後、エマージング通貨売りにスイッチしてなんて立ち回りは無理です^^;

一方で、ワコビアの決算発表から、クロス円が軟調だったこともあり、今週の米・金融系決算ラッシュはちょっと怖いかな・・・という思惑から、長期のつもりで建てたMXN/JPYや、建値が気に入らなかったCHF/NOKを一旦外したら、共に行って欲しくない方向へ・・・。メキシコペソはなぜか買われているようで、USD/MXNはもう希望値でポジションが取れないかも。

まぁ、損がないだけいいんですけど。

G7明けの相場は・・・?

2008 - 04/12 [Sat] - 16:33

G7が閉幕しました。

共同声明の要旨から為替に影響がありそうなところを簡単に取り上げますと、

 ・ 短期的な世界経済の見通しは悪化した
 ・ 好調な新興市場国への影響も免れない。
 ・ 国際金融市場の混乱は想定より長引いている。
 ・ 主要通貨の急変動が経済・金融に与える影響を懸念。
 ・ 人民元の実行為替レートの増価を促す。

といったところでしょうか。
特に為替部分はドル安・ユーロ高に対する懸念表明が盛り込まれたようです。

文言通りに共同声明を解釈するなら、
新興国にもさらに影響が出ると予想されます(ZARやTRYは厳しい?)し、円高トレンドもしばらく続くと思われます。

また、過度なドル安やユーロ高には何らかの介入(ただし、長期でドルが現在の価値を保てないのは最早明確になってきているので、中途半端な介入では、ドルの売り場を与えるだけになりそうですが)を入れやすくなり、人民元の切り上げが進めば、円も連れ高するでしょう。

とりあえず週明けは、
 ・ 円全面高
 ・ EUR/USDは若干ドル買い
 ・ エマージング通貨売り
に動くと思われます。
過度に動くようであれば、朝から出動するかもしれません。早起きしなきゃ^^;

個人的には欧州通貨ペアや資源国通貨ペア、エマージング通貨ペアなどで、スワップポジションを少しずつ建てていこうという考えに変更はありません。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

現在のポジション(2008-Apl2)

2008 - 04/12 [Sat] - 15:29

希望レートには届かないものの、@5.0前後のBOXと思ってCHF/NOKのShortポジションを建てました。AUD/NZDはおまけみたいなものです。

【現在のポジション(JNS)】


通貨ペア
取得日
建値
値洗後
ZAR
JPY
2007/11/9
超高値
 
CHF
NOK
2008/4/11
5.03
5.03
CHF
PLN
注文中


CHF
AUD
注文中




【現在のポジション(Astmax)】

通貨ペア
取得日
建値
値洗後
MXN
JPY
2008/4/10
9.49



【現在のポジション(Lion-FX)】

通貨ペア
取得日
建値
値洗後
USD
TRY
2008/4/9
1.30

USD
ZAR
2008/4/9
7.80



【短期ポジション】

通貨ペア
取得日
建値
買/売
AUD
NZD
2008/4/11
1.1705
Short


にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

現在のポジション

2008 - 04/11 [Fri] - 08:29

一昨日までの相場で落ち着きが見えてきたことから、少しだけスワップ用ポジションを建てました。といっても、資金力が著しく低下していますので最小単位ですが(>_<)。
そうしたら、昨日のナイアガラ・・・
とことん、行動が裏目に出るな・・・と思ったら、今朝は下落分を全値戻ししてますし・・・
本当に、難しい相場です。

【現在のポジション(JNS)】


通貨ペア
取得日
建値
値洗後
ZAR
JPY
2007/11/9
超高値
 
CHF
AUD
注文中

 
CHF
PLN
注文中


CHF
NOK
注文中



CHF/NOKやCHF/PLNは、昨晩は仕込むチャンスでしたが、希望値に届かなかったのでスルーしたら遠くへ行ってしまいました・・・

【現在のポジション(kakakuFX)】

通貨ペア
取得日
建値
値洗後

NZD/TRY、また建てそこねました。

【現在のポジション(Astmax)】

通貨ペア
取得日
建値
値洗後
MXN
JPY
2008/4/10
9.49


Astmaxでは、MXN/JPY、TRY/JPYやEUR/ISKが手数料・ミニマムチャージなしに建てられます(Economyコース)。
当面はメキシコペソ専用口座に、いずれはISKへのリベンジに使う予定です。

【現在のポジション(Lion-FX)】

通貨ペア
取得日
建値
値洗後
USD
TRY
2008/4/9
1.30

USD
ZAR
2008/4/9
7.80


USD/TRYやEUR/TRYを1,000通貨単位で建てられるのは、今のところLion-FXだけだと思います。マイナー通貨ペアの小額投資用にLion-FXを使っていく予定です。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

シンガポール発円高

2008 - 04/10 [Thu] - 09:51

先ほど(9:00)、シンガポールの経済指標(1Q-GDP)と金融政策発表がありました。

結果は、GDP-1Q(前年比)7.2%・(前期比)16.9%と高水準でした。
これを受けて、シンガポール金融管理局はシンガポールドルの名目実効為替レートの許容変動幅(政策バンド)について、バンドの中央値を引き上げると発表。
直後からシンガポールドルが買われ、アジア通貨が全面高となりました。

・・・って、日本にいるとこの動きは違和感を感じますよね、シンガポールと日本では経済も全く異なりますし。
ただ、例えばAUDが買われればNZDも買われないとおかしい!なんて思いますし、地理的に近いというだけで通貨としては似たような動きを期待するものです。実際そういう動きになっていることが多いと思いますし・・・。
でも、日本と中国が「近い」と思われるのは、相当な違和感を感じますし、むしろ不快感すら感じるわけですが・・・、欧州方面から見た場合には一括りにされてしまうのでしょうか。

ともあれ、昨晩からつかまっていたCHF/JPY@101.50のShortが利益確定できました。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

アイスランドクローナ・マイナススワップについて

2008 - 04/09 [Wed] - 12:48

コメントでも情報を頂いていましたが、マイナー通貨を取引する上でのリスクとして。

今週、アイスランドクローナのスワップが、ISK買いポジションでもマイナスになっていることが、ちょっとした話題になっています。(金利は15%)

各業者のアナウンスは以下の通りです。

【kakakufx】
今週のISK関連のスワップ逆転現象について
2008年4月8日

今週に入り、ISK関連のスワップが金利差を反映しない状況となっております。
当社が得た情報を総合すると、この現象はアイスランドの政策金利引き上げや、米国発のクレジットリスク懸念の一時的な後退が引き金となって、短期的にISKに買いが集中、その結果日々為替市場からロールオーバーされるアイスランドクローナの金額が現地の金利市場を大幅に上回る規模となっているため、金利裁定が機能しなくなっているものと推測されます。
(現地の金融機関、資金市場に政策金利レベルの金利を払って、アイスランドクローナを調達するニーズが無い状況)

この現象はすぐにISK下落リスクにつながるものではありませんが、そもそも市場規模が小さいために起こる特異な現象ではあり、また、今後この状況が続くことにより、投機筋がISK買いのポジションを維持できなくなった場合、逆に大きなISK売りの流れになる可能性も否定はできません。

いずれにせよISKはじめ流動性の低い通貨には常にこの種のリスクが伴います。お客様に於かれましては、不測の事態にも対応できるよう保守的なポジション運営を心がけていただけるようお願い申し上げます。

【hirose-trader】
HiroseTraderをご利用のお客様へのお知らせ
2008年04月08日(火)10時40分
このたびISKのリスクが高まっているとの事由により、インターバンクのスワップポイントが大幅に変動し、買いポジションでもスワップポイントがマイナスになっているとカバー先から通達がありました。

一時的なものであるとの見解ではありますが、ISKのリスクが高くなっていることには違いありませんので、お取引をされる場合は、十分ご注意いただきますようお願い致します。

【astmax】(4/9追加)
・ 4/7 付けのISK/JPY の買い持のスワップにおいて参考値で6円の支払いとなっております。
弊社カバー先であるSaxoBank にも確認を行い、当スワップに間違いのないことを確認して
おります。
・ 現在、インターバンク市場において、ISK のリスクが高まっているとの認識があり、参加
者の多くがISK のポジション持つことを嫌気し、その結果、スワップレートが政策金利
のターゲットから乖離するという現象が起こっています。これが4/7 付けのスワップにお
いて発生したスワップ逆転の背景です。
・ かかる状況下、スワップの逆転現象がいつ正常に戻るかという見通しは立っておらず、む
しろ逆転現象が継続されるリスクが高まっております。
・ 又、スポット市場においても、流動性の低下が起こっており、取引時間帯であっても同通
貨ペアの値段がクウォートされない可能性も今後考えられます。
・ お客様におかれましてはISK 絡みの通貨ペアをお取引なさる場合は、平常時の状況ではない
ことを十分理解の上、お取引して頂けます様お願い致します。

【jns】
アナウンス無し(確認できる範囲では)。

kakakuFXはずいぶん丁寧な解説で、好感が持てますね。JNSはいつもどおりか・・・って感じ。
年末にもCHF/AUDがShortでマイナススワップになったこともありますし、必ずしも告知が必要な内容だとは思いませんが、あれば親切でしょうね。やっぱりJNSから乗り換えようかな・・・

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

円安

2008 - 04/09 [Wed] - 08:52

今まででしたら、

中古住宅販売保留-2月:-1.9%(予想-0.8%)でUSD/JPYは50銭円高に、
FOMC議事録で1円円高に、
そして、翌朝は100円割れにトライ
なんて展開だったんでしょうけど、米ドルは全く悪材料に反応しなくなってきています。
G7を睨んでの思惑もあるのでしょうが、変なエネルギーが溜まって、G7後にドッカーンなんてこともあるかも。

ここ1ヶ月ぐらいは指標発表後のトレードを狙っていましたが、材料に素直に反応してくれないとINするタイミングも無く、昨日も一昨日も殆どノートレードです。
頭を切り替えて、円売りでスイングしたらいいのかもしれませんが、無理にトレードする必要もないので様子見です。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

手放した通貨ペア

2008 - 04/08 [Tue] - 08:14

手放した通貨ペアのその後の値動きは、見ないほうが良いのかもしれません。



あれだけ我慢して・・・



結局手放したISK/JPY、EUR/JPY ISK。



昨日見たら・・・



ISK/JPY@1.4回復・・・



EUR/ISK@112まで下落・・・



心の平和と引き換えに、激しい後悔を得ることが出来ました(T_T)

超長期投資へのメモ

2008 - 04/07 [Mon] - 07:03

昨日、ネットを見ていたらこんなニュースがありました。

「監査法人の英米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が公表した50年の世界の実質国内総生産(GDP)予想で・・・(中略)、PwCは経済成長率が高い中国、インド、ブラジル、ロシア、メキシコ、インドネシア、トルコの7カ国(E7)を中心に分析。E7諸国全体のGDPは07年、米国の約6割に過ぎないが、50年には米国の3倍超に達する。筆頭の中国は25年ごろ米国を抜き、50年には米国の1.3倍となる。
 日本は現在、米国GDPの32%を占め、世界2位。しかし、50年には最大の中国に次いで、インドが米国の約9割に迫り、ブラジルが同26%となる。日本は同19%で5位。ロシア、メキシコ、インドネシアもそれぞれ17%と日本逆転が視野に。E7諸国には膨大な中産階級が形成され、中国がハイテク国家に脱皮する見通しだ。」 毎日新聞 2008年4月6日

この中で、文字通り日本の経済的地位は大きく低下する(円安)ことは言うまでもありませんが、米国も世界№1から転落することで、基軸通貨としてのドルも現在の価値を保つことは難しくなるでしょう。
その他、メキシコやトルコも有望なんですね。

超長期ではUSD/MXN、MXN/JPY、USD/TRY、TRY/JPYを仕込んだら良いということでしょうか。
いずれにしても、長期ポジション用には米ドルと円のShortポジションをこつこつ積み上げていきたいものです。先週の雇用統計結果の動きを見ても、目先は円安だと思われますので、押し目で少しポジションを建てていこうと思います。
 

現在のポジション(4月1週)

2008 - 04/06 [Sun] - 18:26

米・雇用統計での急激な為替変動に備えて、ほとんどのポジションは手仕舞いしてしまいました。
結果的に、ISK/JPYも含めて鬼ホールドしていても良かったといえる値動きとなっていますが、精神的な負担軽減にはかえられません。

【現在のポジション(JNS)】


通貨ペア
取得日
建値
値洗後
ZAR
JPY
2007/11/9
超高値
 
CHF
AUD
注文中

 
CHF
PLN
注文中


CHF
NOK
注文中




【現在のポジション(kakakuFX)】

通貨ペア
取得日
建値
値洗後

嗚呼、NZD/TRY・・・

【現在の短期ポジション(FXTSとか色々・・・)】

通貨ペア
取得日
建値
値洗後

短期もすべて手仕舞いしています。

今週は豪国に重要指標が集中していますので、注目しています。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

米・雇用統計(3月)

2008 - 04/04 [Fri] - 23:01

米・非農業部門雇用者数(雇用統計)-3月が発表されました。

結果は、-8.0万人と事前予想の-5.0万人を下回るネガティブな数値でした。これを受けて、指標発表後は大きくドルが売られましたが、ドル円は101Midで突如反発し、一時は指標発表前水準を上回るまで跳ね上がりました。

同時に発表された失業率も予想を上回って悪化していますし、雇用統計は1~2月分も下方修正されています。にもかかわらず、この値動き・・・。さっぱり意味が分かりません。

********
これは、後からひまわり証券のマーケットニュースで調べたら、天候不順要因やG7警戒による反発とのこと。天候不順って何さ?普通発表以前に分かりそうですよね、プロ連中は。でも、そんな情報は個人投資家が普通にしてて沸いてくる情報ではありませんし・・・(まぁ私の場合、積極的に情報も集めていないのは確かですが)。やっぱり意味が分かりません。
********

そして現在(22:40)は、USD/JPY@101.8ぐらいに再び落ちてきています。

雇用統計に備えて、殆どのポジションは決済してしまいましたので、身軽に発表を迎えることが出来たのですが、そんな素人には解せない値動きにより、ドル円Shortで22Pips取れただけでした。折角、この日に備えてたのに殆ど成果なし・・・

ただ、これで米国のリセッション入りはほぼ確実となりました。同時に、もしこの指標がポジティブな結果だった場合、暫くは円安トレンド継続となったことでしょうが、前述の指標結果ですので、これ以上の強気なドルは無いものと思われます。目先はドル円100円前後でのボックス相場になりそうな気がします。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

米・雇用統計を前にして・・・

2008 - 04/03 [Thu] - 21:31

読みにくい相場展開が続いています。

現時点(21:40)でドル円は@102.6と、指数発表(失業保険申請件数 悪化)を受けてやや弱含みになってきていますが、依然として確りしています。

今週の米国主要指数の発表結果は、これまで以下の通りです。

3月シカゴ購買部協会景気指数 予想46.5 結果48.2
3月ISM製造業景況指数 予想47.5 結果48.6
3月ADP全国雇用者数 予想-4.5万人 結果+0.8万人

どれも決して良い数字では無いと思いますが、「予想を上回っている」ことが買い材料視され、先週まででは予想もつかないほど、今週は「強いドル」となっています。
雇用統計でも予想値を上回ることが十分に予想されますので、サプライズ的な数値が出てきた場合にあわてないように、ドルストレートのポジションは全て外しています。

ある程度ドルが買い戻されたら、実際の数字の悪さが見直されて、再びドルが売られる展開になると思っていますが、「丁半」的なトレードをする余裕もありませんので、やっぱり今週は明日まで様子見になりそうです。

米・ADP雇用統計結果

2008 - 04/02 [Wed] - 23:13

米・ADP雇用統計-3月の発表がありました。

予想が-4.0万人に対して、結果はポジティブサプライズの0.8%

昨日からドル買戻しの流れが続いていますが、いよいよ年始からの円高局面から調整入りしたとも考えられる状況になっています。
このあとのバーナンキ証言にも注目が集まりますが、よほどのことを口走らない限り、週末の雇用統計まではドルが強い流れが続きそうです。

さらに、全般的にクロス円が幅広く売られており、高金利通貨も南ア・ランドなど買戻しが進んでいます。一時ZAR/JPYは13円を回復し、TRY/JPYも80円を伺う勢いです。
そんな中・・・
実は・・・
昨日、MXN/JPYを上昇途中で仕切ってしまったんですよね・・・、勿体無いT_T。

しかし、慣れとは怖いもので、USD/JPYの90円台にすっかり馴染んでしまった今、100円台のドル円をLongから入ることが怖く、恐ろしく割高に思えるようになりました。
もしトレンドが転換しているとしたら、今がクロス円の仕込みどきなんでしょうが、週末の雇用統計までは様子見することにします。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

珍しくスイスフランが弱い

2008 - 04/01 [Tue] - 21:31

・スイスUBSが第1四半期に190億ドルの評価損と、120億スイスフランの損失を計上
・SVME購買部協会景気指数-3月が55.3と予想(60.0)を下回る
といったところから、ここ最近では目立つぐらい、本日はスイスフランが売られています。
さらに、昨日高値を更新しきれなかったEUR/USDの反落からユーロも継続的に弱く、UBSの見通し発表も影響してユーロも売られており、この流れは23:00のISM製造業景況指数(3月)の発表まで、とりあえず続きそうです。

CHF/AUDとEUR/AUDで損失が膨らみつつあっただけに、タナボタというか何というか・・・
昨日はEUR/AUDが@1.74を突破し、高金利通貨売りもとうとうオセアニア通貨まで波及してきたかなとトレードタイミングの悪さと、相変わらず逆張り志向から抜けられない頭の悪さに、我ながら呆れていたところですが、結果オーライでした。

とりあえず、EUR/USDは押し目の範疇だと思いますし、ユーロは暫く強いでしょうからEUR/AUDは外しました。CHF/AUDもストップを入れることが出来ましたので、損失は出さなくて済みそうです。
今週は、指標も目白押しですし、週末には大ボス(米・雇用統計)も控えていますので、思いがけずポジションを軽くできたことはラッキーでした。

あとは、USD/MXNやCHF/NOKのポジションが建てられれば理想的なのですが、中々指値まで届きません。こうした時、いつも無理やりポジションを取りに行って後から後悔するので、今回は無理をしないつもりです。
ポジれなくても「ま、いいか」という余裕が、スワップ派には必要ですね。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。