スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一部売却。

2009 - 01/30 [Fri] - 18:54

今日は12月期決算・3月期3Q決算発表の集中日になっており、YahooFinanceのカレンダーだと549社が発表を予定しています。金融危機の業績への影響が日々明らかになってきていますが、決算発表のカタマリは再来週末までありますので、決算をまたいだ持ち越しリスクを避けるため、一部の銘柄を一旦売却しました。

例年ですと上方修正期待なども入り混じり、決算を狙った保有もアリなんですが、今年に限っては下方修正リスクしか存在しないような状況です。
実際、本日も日立が今期純損失7,000億円を見込んだ業績予想修正を行うなど、日本の製造業界が激しく落ち込んでいる様が鮮明になってきています。製造業に限らず金融・不動産・サービスと軒並み業績悪化が見込まれるので、決算をまたぐ積極的な理由が見つかりません。

仮にそれが織り込み済みだとしても、悪材料には反応しやすい地合ですから、リスクを避けるに越したことはないかな・・・という感じ。

手放したのは、ノバレーゼ(一部)・三越伊勢丹・昭和シェル・松田産業です。
昭和シェルは悪い下方修正ではなかったのでむしろ上昇していますが、本日発表された来期見通しで週明けどのように反応するか、注目しています。
また、三越伊勢丹・松田産業は決算発表後に買い戻す予定。


【現在のポジション(株式)】

買/売
コード
銘柄名
期間

7553
(JQ)サザビーリーグ
中期

2128
(東マ)ノバレーゼ
中期

2681
(東1)ゲオ
中期

4202
(東1)ダイセル化学工業
中期

スポンサーサイト

RBNZ、1.5%利下げ。

2009 - 01/29 [Thu] - 09:18

今朝方、RBNZ(ニュージーランド準備銀行)が市場予測を上回る1.5%の利下げを行いました。
これによりニュージーランドの金利は3.5%となり、もはや「高金利通貨」とは呼べない水準まで金利が引き下げられた感じです。

わずか半年ほど前は8.25%だったNZ金利が、この短い期間で4.75%も引き下げられたということは、如何に金融危機の影響が大きいかを測ることが出来ます。
ただ、1年前は10,000NZドルあたり180円ぐらいのスワップが得られたのに対し、金利引き下げ後は40円程度(単純に@47.2×10,000×3.5%÷365で45円ですから、それ以下)になると思いますので、スワップ派には厳しいところですね。

そのニュージーランド金利ですが、今後の見通しは以下のとおりです。

We would expect any further reductions to be smaller than those seen recently.
さらなる金利引き下げは、これまでより小幅になるだろう。


追加利下げに言及していますが、緩やかな利下げを示唆していますので、NZドル安にも一定のブレーキがかかりそうです。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

このまま円安トレンド?

2009 - 01/27 [Tue] - 21:52

年明けのダマシ(結果的に)に近い円安から一転、リスク回避と円買い一色の動きであった今月の為替相場ですが、昨日あたりから動きに変化が出てきました。

ドル円の日足チャートを見ると、12月中旬と並ぶようにしてダブルボトムを描いたようにも見えます。ただこれがユーロ円やポンド円となると、全くドル円の形とは異なり、目先の底は打ったように見えるものの、ここが底辺とは到底思えません。
現状としては、円高トレンドは継続していると考えるのが妥当だと思いますが、幾つかの経済指標が最悪期を脱するかのような数字となってきているため、「目を瞑って円を買う」ことには少し警戒した方がよさそうです。

日本でも主力企業が3Qの数字を発表してきていますが、野村HDが1~3Q累計で4,923億円の赤字&4Q無配となった発表を筆頭に、日産自動車も通期赤字に転落する見通しで、昭和シェルも本日通期純損失162億円の赤字と下方修正。続々と業績悪化の報が伝わってきています。


・・・なんてことを書いていると、円が強くなってきました(21:00)。


これからは行ってほしい方向と逆の記事を書くことにしましょうか・・・orz



↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

曲げ屋。

2009 - 01/27 [Tue] - 00:08

こういうことを書くと、曲がるわけです。


英・バークレイズの2008年税引き前利益は、事前予想の53億ポンドを大幅に上回る見通し。
米・中古住宅販売件数(12月)も、事前予想を上回る474万件という好数字。

結果、ポンドは124円台まで上昇。


あ~、少しでもいいから買っておけば良かった><


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

「イギリスは終わった」

2009 - 01/26 [Mon] - 08:16

「イギリスは終わった。イギリスにはもう投資しない。持っているポンドはすべて売却した」と言うのは、ジム・ロジャースです。

先週、私もポンド円のFXポジションを損切りしましたが(外貨預金はそのまま・・・)、少なからずこれに影響を受けたかもしれません。そんなに英国の状況は悪いのか・・・と。
確かに、昨年第4四半期GDP(速報値)は前期比1.5%減と1980年以来最悪で、2四半期連続マイナス成長と、その通りなのかもしれませんが。


先日、日経新聞だったと思いますが、中国のGDPが2007年にドイツを抜いて米国、日本に次ぐ世界3位になったという報道がありました。既報(IMF)ではドイツ、中国だったんですが、中国国家統計局が07年のGDPを大幅に上方修正したとか。

IMFでは2007年の各国のGDPを以下の通りとしていました(単位は10億米ドル。数字はWikiのものをそのまんまですけど)。

1 アメリカ合衆国 13,843.83
2 日本 4,383.76
3 ドイツ 3,322.15
4 中華人民共和国 3,250.83
5 イギリス 2,772.57
6 フランス 2,560.26
7 イタリア 2,104.67
8 スペイン 1,438.96
9 カナダ 1,432.14
10 ブラジル 1,313.59

この中で、イギリスは5位に位置していますが、産業別にその内訳を見ると、英GDPの3割超が銀行・保険・不動産など、今回の金融危機の影響をまともに受ける分野が占めていて、当然英国の全産業中トップシェア。ですから、英ポンドが売られるのも当然かもしれません。実態の乏しい「金融」に傾斜し過ぎたツケでしょうか。


でも、しつこいようですけど金融がひと段落したら、次は貿易赤字国に転落した日本が売られる番だと思っています。だから、時期を分散して外貨投資を細く長く続ける予定です。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

日本企業の現実

2009 - 01/24 [Sat] - 13:06

以下は、現在会社側から発表されている、2009年度3月期決算予想です。
本業である営業利益で羅列してみました。

 トヨタ自動車 営業利益 △150,000 百万円
 富士重工 営業利益 △9,000 百万円
 ソニー 営業利益 △260,000 百万円
 新日本石油 営業利益 △12,000 百万円

この他、証券大手は軒並み赤字でしょうし、銀行など金融業界は総じてダメ(唯一、FX業者はいいかも・・・)。
まだ会社側からの発表がないものの、日産やマツダなど自動車メーカーは赤字転落かそれに近いレベルまで落ち込むでしょう。
パナソニックも11月末に下方修正していますが、多分再下方修正かと思われます。
とにかくモノが売れませんし、辛うじて売れても、円高で利益は二束三文と、製造業界は厳冬期に突入しています。
モノが売れませんから、鉄鋼など原料・素材関連も全部ダメですし、人員削減で派遣業界も壊滅的。
言うまでもなく、不動産もダメ。

恐ろしいのは、これは「今期」の予想であり、「来期」は確実にこれより悪化することが明白であること。

にもかかわらず、政治は遅々として動かない。
2011年の消費増税や天下り・渡りの道筋だけは、頑として譲らないのに・・・
2兆円の給付金もくれるなら欲しいですけど、それで為替介入してみたらどう?と思いたくなる。
輸出業が崩壊したら、日本はお終いですよ、ホントに。


ということで、やっぱり値ごろ感で株に手を出すのは時期尚早かも。
安易にポジショニングはかなりリスクがあるので、株主優待があって個人がある程度持続保有しそうな銘柄以外、一旦整理するかもしれません。

【現在のポジション(株式)】

買/売
コード
銘柄名
期間

7553
(JQ)サザビーリーグ
中期

2128
(東マ)ノバレーゼ
中期

7456
(東1)松田産業
中期

2681
(東1)ゲオ
中期

5002
(東1)昭和シェル石油中期

3099
(東1)三越伊勢丹
中期

4202
(東1)ダイセル化学工業
中期


FXは週末にかけて全ポジションを決済しました。
もちろん損失が出ていますが、昨晩少し戻ってくれたのでちょっとキズが浅く済みました。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

壮絶な行って来い。

2009 - 01/22 [Thu] - 09:39

金融業界人ではないので金融商品事情には疎いのですが、昨日AM0:00はドル円90円を権利行使価格にしたオプションが大量に行使期限を迎えるタイミングだったようで、AM0:00過ぎの値動きは非常に注目されていたとか・・・

それでこの権利行使価格を意識し、AM0:00を過ぎたあたりでは90.1円ぐらいだったのですが、その後これを逆手に取ったように、突如として投機筋からの大量のドル売り。これにユーロ売りも重なって、クロス円総崩れ。
久々に、瞬きする間に数十銭もレートが変化する相場を目の当たりにしました。

その後も円の急騰は加速し、ドル円は87.1円と前回安値を更新したのをはじめ、全通貨に対して軒並み猛烈な円高に。
昨日書いたポンド/ドルも2001年の安値水準を割り込んで、1985年以来の下値を記録。この時、ポンド円は119円台と壮絶な様相を呈する状況になりました。


荒れる相場を止めたのが「ドル円は87.00で日銀が待ち構えている」との介入の噂。正直、朝起きて猛反発していたのを見て、「介入きたな」と思いました。実際は、NY株式市場の反発に支えられた面が大きかったようですが。
しかし、投機筋も日銀の介入にはかなり警戒しているようですね、そんな感じの値動き。


その他、各国の要人発言等では、
 「通貨高抑制のためにスイスフラン売りの介入可能だ」
 「英ポンド安は問題だ」「2月のG7ではポンド安について議論するだろう」
など。
スイスフランの高値と、過度のポンド安には反発する動きがでそうなので、注意したいところです。

また、先ほど発表された本邦12月の通関ベース貿易収支はまた赤字になっています。
相対的に金融危機への影響が少なく、貿易黒字国として(消去法的に)評価された日本円も、大幅な輸出減・円高による貿易赤字化という形での金融危機の影響により、そろそろ「本当に円買いで良いのか?」という動きが出てきそうなんですが、どうでしょうか。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

続・ポンド安

2009 - 01/21 [Wed] - 09:31

昨年末に「ポンド安」なんてのを書いたのですが、当時以上にポンドが弱いです。

現時点(1/21 AM9:00)と前回記事の時点(12/25 AM8:30)との比較で、

 GBP/JPY 133.20円 → 124.6円近辺
 GBP/USD 1.473ドル → 1.387ドル近辺
 EUR/GBP 0.9500ポンド → 0.9285ポンド近辺   
 GBP/CHF 1.581フラン → 1.592フラン近辺

となっており、欧州通貨間ではポンド独歩安が弱まったものの、対米ドル・対円ではポンドが売られ続けています。

一番のカギになるのはGBP/USDの動向だと思いますが、2001年の安値1.368水準にかなり接近してきており、直近の弱いポンドを考えるとこのラインは突破される可能性大です。
そうなった場合、1.3や1.2の心理的な節目は意識されると思いますが、1985年の1.052水準まで明確なサポートが見当たりません。
常識的に考えれば、GBP/USDはとても買える状況に無いと言えます。

また、GBP/JPYですが、ドル円79円台を付けた1995年の最安値(128円台)を既に割り込み、今朝は124円台まで下落しています。何しろ未知の領域に入っていますので、どこで底を打つかなど皆目検討がつきません。
仮に、ドル円が70円台を目指す展開になろうものなら、ポンド円は100~110円ぐらいになってしまいそう。底値「圏」には位置していると思いますので、長期・ドルコスト平均法で少しずつポンド買いしてみたいところでもありますが・・・

現在のポンドに対して、個人的にはレバレッジをかけたFX取引はちょっと無理な感じです(といっても現受け前提で、レバ1取引ならしていますけど)。目を瞑って、とにかく売ればいいだけなのかもしれないですけどね・・・


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

マイルール。

2009 - 01/19 [Mon] - 22:32

株式・FX取引をする上で、私のマイルールは以下の通りです。





『マイルールをつくらない』





自ら作ったルールに縛られて、臨機応変な対応が出来なくなるのが嫌だから、ルールは作りません。

昨年、EUR/ISKをShortポジを頑なに耐えようとしたときも、「スワップ用ポジションは絶対にロスカットしない!」という思いから、結局は最悪の結果を招いた訳ですが、ロスカットしない方針に最後まで固執したことが半ばルール化していたな・・・と、今は思えます。

利確も損切りも機械的に行った方が、おそらくパフォーマンスは良いでしょうから、それをルール化するのは間違っていないと思います。
でも、ルール設定しても守れないですし・・・私の場合。

結局、無駄なルール決めるよりは、その時点で考えられるベストの選択をしよう、というのが方針といえば方針です。



そんなわけで、現受け覚悟・中長期運用のつもりでポジったポンド円を、さっさと利確してしまいました^^;

先週末、135円台から一気に132円台まで急落したのを受けて「シマッタ~!」と思っていたら、今朝は再び135円台まで急騰しているのを見て、我慢出来なかっただけですけど・・・。

今(22:30)は、また131円台まで下落してますから、やっぱり確実に利益は残していかないとダメだな~と、つくづく思います。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

買いすぎた。

2009 - 01/17 [Sat] - 10:24

日経平均が一時8,000円割れしたこともあり、いい頃合かな・・・と色々買い込みました。
金曜日は全保有銘柄の株価が上昇し、久しぶりに気持ちの良い週末になりそうです。


【現在のポジション(FX)】

取引業者
買/売
通貨ペア
取得日
建値
期間
CyberAgent
Long
GBP
JPY
2009/1/15
130.00
中長期
CyberAgent
Long
AUD
JPY
2009/1/15
59.75
中長期


上の2つは、現受け前提で中長期投資用としてポジションを取りました。
来月にRBAとBOEが利下げするようなら、さっさと現受して外貨定期にぶち込みますが、金曜日の円安で差益の利確に揺れており、何時まで持ち続けられるか微妙です・・・


【現在のポジション(株式)】

買/売
コード
銘柄名
期間

7553
(JQ)サザビーリーグ
中期

2128
(東マ)ノバレーゼ
中期

7456
(東1)松田産業
中期

2681
(東1)ゲオ
中期

5002
(東1)昭和シェル石油中期

3099
(東1)三越伊勢丹
中期

4202
(東1)ダイセル化学工業
中期


冒頭にも書いたとおり、15日に日経平均が一時8,000円割れするなど、大きく株価が下がっていましたので、年初の「ポジポジ病我慢」方針も何処へやら・・・。
まだ、余力は残していますけど・・・やっぱり我慢できず。

新規追加銘柄は以下の通りです。

【昭和シェル】 原油価格があまりにも下げすぎているので、逆張りで。次世代エネルギー関連銘柄でもありますし・・・

【三越伊勢丹】 将来性は全くありませんし、モノが売れないのに・・・とも思いますが、単なる優待狙いです。

【ダイセル化学】 水処理関連銘柄として。日本が唯一輸出できそうな資源といえば「水」ぐらいですからね・・・


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

デンマーク中銀、0.75%利下げ

2009 - 01/16 [Fri] - 00:40

注目されたECBの金利政策(0.50%利下げ)の影で、ひっそりデンマーク中銀が0.75%の利下げを行いました(利下げ後の金利は3.00%)。

ペッグ制通貨による安定したスワップ収入を確保するために、にわかにEUR/DKKが人気化していますが、以前に書いたとおりこの通貨ペアの保有メリットは、ごく最近の為替動向により生じたものです。

最大で1.75%あったEUR~DKKの金利差も、今回のECBによる利下げ幅を上回るデンマークの利下げによってさらに縮小し、とうとう1.00%まで縮まることになりました。

それでなくても円高によってDKK/JPYも下落していることから受け取りスワップが減少している中で、金利差縮小はEUR/DKKの継続保有を問われるものになると思います。

元々はDKK防衛のための金利差でしたが、最近はEURがかなり弱いためにコストをかけてDKKを守る必要性が薄れてきたのかもしれません。


EUR~DKK間の金利差には常に注意しておく必要がありますし、昨年10月までのEUR/DKKは、スワップ派のFX投資家にとって何ら魅力のない通貨ペアだったことは、念頭に置かれておいた方がいいと思います。
直ぐにスワップ収入が無くなる(あるいはマイナスになる)ということはないでしょうけど・・・念のため。



↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

悪材料競争。

2009 - 01/15 [Thu] - 09:43

【米国】
 ベージュブックでは「経済活動はほぼ全域で引き続き弱まった」。
 小売売上高は1992年以来初めて前年を下回った。前月比でも-2.7%となり、クリスマス商戦が不発だったことを確認。個人消費の縮小は、未だ底打ちの気配も無し。
 NYダウは6日続落で、前日比-248.42ドル。

【カナダ】
 通信機器大手・ノーテルネットワークスが米連邦破産法第11条適用を申請。
 負債総額は36億ドル(約3200億円)以上。

【欧州】
 ドイツ銀行の2008年10―12月期の最終損益が48億ユーロ(約5600億円)の赤字に。通期も約39億ユーロの赤字の可能性。同銀の年間赤字計上は1957年に以来初めて。
 ギリシャ・ソブリン格下げ。
 アイルランドがIMFの支援を仰ぐと報道される。アイルランド・首相はこれを否定。

【日本】
 2008年11月の機械受注は前月比-16.2%。特に製造業は-33.2%と大幅な減少と電機・自動車業界の見通し悪化が鮮明に。
 機械受注の基調判断を「大幅に悪化している」に下方修正。


よくまぁこれだけ悪材料が並ぶな~というぐらい、続々と出てくる不安要素。
昨日の東京時間帯は反発ムードだったのが、欧州時間から一転して急激な円高・ドル高。特に加・ノーテル破綻と、アイルランドのIMF支援には大きく反応し、カナダドル・ユーロはともに軟調。結局、消去法で昨日も円が買われる展開に終わりました。

明確に相場の転機となりうるオバマ就任まで、こんな状況が続くんでしょうか・・・


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

今度は素直に考えてみる。

2009 - 01/14 [Wed] - 09:37

下手に斜めに見るのは止めて、素直に考えると現状認識はこんな感じです。

・ 正月明けのご祝儀相場は終わった。
・ オバマ期待も終了。大統領就任後の具体的な行動待ち。
・ 円高再燃。特にポンド円は史上最安値を更新し、128円台まで突っ込んだ。
  底打ちのポイントとなる値はここから下は当然無く、一昨年の高値251.1円から
  半値の125.5円あたりがとりあえず意識されるラインか。
  GBP/USDなら1985年に1.052というレートもあり、フィボナッチの61.8%押しも
  可能性が無いわけではないですが、ポンド円100円割れはちょっと考え難い。
・ 景気・経済に対する好材料は、今のところ何も無い。
・ スペイン、ポルトガル、ギリシャ、アイルランド、ニュージーランドで格下げの噂。
  従って、欧州・オセアニア通貨は弱含み。
・ 原油先物も再び1バレル30ドル台へ。従って、資源国通貨も弱い。

これらの状況から判断すると、消去法的に円を買うしかないです。

でも、こうしたことは言ってみれば「誰でもそのように思うこと」であり、だからこそあえて裏を予想しましたけど、結果は散々でした(といっても、昨年のような大きい額の損失を出したわけではないですけど)。

大きく動いた後なので、いまさら円買い・ドル買いポジションを取れるほど度胸もありませんが、反転材料にも乏しいので、逆張って再び損失を抱えることもしたくない・・・というのが正直なところ。

ヤケドをしないと手を引けないところが、進歩がないですね・・・


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

曲がる予想。

2009 - 01/13 [Tue] - 18:17

先週末、「どう考えても円高だと思うゆえに曲がる」とした予想が曲がりました

「どう考えても円高だと思うゆえに曲がる」と思ったので、クロス円のロングポジションを取りました。



その結果・・・



FX口座はキレイさっぱり!

まぁ、素人の浅知恵だったんで、当然の結果でしょうか。


ポジションが全て片付けられましたので、そろそろ反発すると思います。

経験上は・・・



↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

米・雇用統計と来週の見通し。

2009 - 01/10 [Sat] - 20:44

昨日発表の米・雇用統計と失業率は以下の通りでした。

 非農業部門雇用者数変化(12月):-52.4万人(前月:-58.4万人)
 米・失業率(12月):7.2%(前月:6.8%)

ADP雇用統計の結果からは、前月を上回る数字も予想されましたが(少なからず、私はそう思っていました)結果は、市場コンセンサス通りの数字で前月よりは若干マシな数字でした。

発表直後はこれを好感したようで米ドルが買い戻されましたが、数字自体決して良いはずもなく、株式市場の軟化とともに再びリスク回避の動きが強まり、円急騰。

結局、ドル円は90円台前半と、90円の大台割れ寸前で引けとなりました。


年始からオバマ期待や、昨年の行き過ぎたリスク回避の動きに反発するように株高・円安が続いていましたが、どうやら一過性のお年玉だったようで、相場は一変しまた昨年末の状況に逆戻りしているです。

ドル円90円を割るとドミノが倒れるように円高へ傾斜し、ドル円は昨年安値の87円台を割ってきそうな雰囲気さえ感じます。
特に月曜日は主要経済指標もなく、また日本は休日です。
この祝日の間に、日本人を出し抜くような値動きをするシーンは、昨年も何度も見てきました。
まさに円高トレンドへの回帰が約束されているとすら思えます。

だからこそ・・・















曲がると思います!


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

ADP雇用統計

2009 - 01/08 [Thu] - 10:33

昨晩、週末の米・雇用統計の先行指標となるADP雇用統計が発表されました。

発表された数値は、事前予想:-49.3万人に対して、結果:-69.3万人。

これはADP雇用統計が開始された2006年5月から、もちろん最悪の数字です。

「-69万人」という値は、個人的には凄いインパクトがありましたが、発表直後のドル売りの中ではドル円は92円Midまでしか下げず、今月の米ドルの底堅さを再確認した結果にもなりました。

民間会社(米・ADP社は給与計算代行サービスの大手です)の予測値ですから限定的な影響に止まったとも言えますが、一方で週末の非農業部門雇用者数は前月の-53.3万人を下回ってくる可能性が非常に高くなったと思われます。

従いまして、さすがに週末にかけては米ドル安が意識される展開になると思いますが、一連の値動きからは、押し目でクロス円をLONGしてみたい気になってきました。


【現在のポジション(FX)】

今週末までは、オーバーナイトポジションはとりません。
 

【現在のポジション(株式)】

買/売
コード
銘柄名
期間

7553
(JQ)サザビーリーグ
中期

2128
(東マ)ノバレーゼ
中期

7456
(東1)松田産業
中期

2681
(東1)ゲオ
中期


昨日書いたとおり、イデアインターナショナルを売りました。
日経平均も7連騰ということで、さすがに一旦下げるだろうという意識もありましたが、ひまわり証券のキャンペーンを狙ってみたくなったので、足らない現金を追加するため・・・というのが一番の売却理由です。
入金100万のハードルは、貧乏人には高いですね・・・orz


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントもうれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

ウェッジウッド破綻

2009 - 01/07 [Wed] - 09:59

陶磁器などほとんど興味ない私でも、その名を知っているぐらいの「ウェッジウッド」が破綻しました(といっても、もともとの感心が薄いので、結婚式の引き出物でもらえる高級食器か紅茶葉か、という程度の認識ですが)。

今朝の日経新聞にもありましたが、高級食器業界は構造不況に陥っているようで、そもそもの需要が低迷している上に、中国など新興国製の廉価製品の台頭でさらに販売が低迷。そこへ追い討ちをかけるように金融危機と、踏んだり蹴ったりの状況だとか。

こうした図式は何も高級食器業界に限ったことではありませんし、新年早々から世界的に名の通った企業の破綻は、今年の先行きを暗示しているような気がします。
恐らく、「えっ!あの企業が!?」なんていう破綻劇が、続出するんでしょうね。
まぁ、不動の最有力候補がGM・クライスラーなんでしょうけど(でも、ここらが破綻しても驚かないですか・・・)。


【現在のポジション(FX)】

急激にドル高・円安・ユーロ安が進み過ぎるので、そろそろ反動があってもおかしくなさそうと思い、NZD/USDをほどほどで利確。今週は米・雇用統計もありますし、オーバーナイトポジションはリスクを感じます。
それにしても、ポンドの買い戻しは強烈ですね。ポンド円140円台があるとは・・・
 

【現在のポジション(株式)】

買/売
コード
銘柄名
期間

7553
(JQ)サザビーリーグ
中期

2128
(東マ)ノバレーゼ
中期

7456
(東1)松田産業
中期

2681
(東1)ゲオ
中期

3140
(ヘラ)イデアインターナショナル
短中期


株は、仕込みにくい水準まで上げてしまったので、様子見。昨日、何故かS高しているイデアは利確するかもしれません。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントも歓迎です。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

今年最初のポジション。

2009 - 01/06 [Tue] - 09:44

新年早々から、目の覚めるような円安ですね~。
特にポンド円は137円台もつける大幅高。
行き過ぎたポンド安もいつかは反発すると思っていましたが、このタイミングは予想外でした。まぁ想定内だったとしても、怖くてポジションは取れなかったと思いますけど。

来月に入るぐらいまではオバマ期待でドル高基調だとは思われますが、今年はドル売り方針でいこうと思っていますので、初ポジもドル売りから入ってみました。

【現在のポジション(FX)】

取引業者
買/売
通貨ペア
取得日
建値
期間
LionFX
LONG
NZD
USD
2009/1/5
0.6819
超短期



↓をクリックして頂くうれしいです。コメントも歓迎です。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

2009年の相場展望2

2009 - 01/05 [Mon] - 07:55

基本的に悲観一色であると思われる今年の相場ですが、メディア上での日経平均の高・安値予想を見ると「安値2月~高値12月」という予想がかなり多く見受けられます。具体的な数字にすると「安値7,000円~高値12,000円」ぐらいが多いのですが、果たしてこんなに楽観的な範囲に収まるでしょうか・・・。

まず、2月底なんてありえないと思っています。昨年より酷い企業業績が確実なのに、来期予測も出ない段階で底なんて打つはずが無い、というのが私の考え。毎年2~3月にかけては株価が低迷するので、この時期軟調になるのはそうだとしても、5~6月で第2弾・10~11月で第3弾の下げを想定。これ通りにならずとも、年末に向けて株価が上向くとは思えません。
従いまして、日経平均を構成する国際優良銘柄の仕込み時は年末頃を見込んでいますし、待ちきれなくても初夏までは何とかポジポジ病を堪えたいと思っています。

有望投資先としては、無難に国策関連銘柄。特に、オバマ次期大統領が石油の中東依存脱却と環境投資を公約しているため、次世代エネルギー関連は数少ない有望エリアで、この分野へは日本も企業支援を拡充させるはず。
太陽電池・太陽発電分野なら三洋電機・京セラ・昭和シェル・カネカ・富士電機・アルバックあたり。
シャープ?嫌いなんで買いたくありません。
あとは、風力・原子力発電やバイオマス関連など。
いずれにしても、既に先行して買われている銘柄が多いんですが、今年の相場で上値を追える数少ない分野かと思います。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントも歓迎です。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

2009年の相場展望

2009 - 01/03 [Sat] - 21:48

一切のFXポジションを解消して過ごした正月は、為替動向に一喜一憂することもなく、実に平穏でした。

海外では株式市場が既に動き出していますが、正月早々からNYダウ平均258.30ドル高は意外な展開。今年の株式市場に何を期待するんでしょう・・・?オバマ次期大統領は期待されすぎですね。
ドル円も92円台を久しぶりに回復しています。

さて、雑誌やネット上など様々な場で今年の相場展望がなされていますが、色々な情報に影響を受けつつ、現在思い描いている私の今年の相場展望はこんな感じです。


【為替】
どう考えてもドル売りの年になると思っています。
ベアー・スターンズの救済に始まり、ファニーメイ・フレディマックも救済、AIGも救済、GM・クライスラーも救済。巨額の資金が投入され、乱発されるは米国債とドル紙幣。
既に基軸通貨の地位がゆらぎつつある米ドルに、減価の波が押し寄せることは明白で、迷うとするならどの通貨ペアで米ドルを売るかという点ぐらい。それでもドル円Shortで十分いけるのではないかと思います。
コモディディ相場とにらめっこしながら、AUD/USDやUSD/CADあたりを中期狙いでポジりたいところです。

クロス円については円強含みだとは思いますが、既に昨年大きく円高に振れていますので、それ以上の極端な円高があるかどうかとなれば、多分無いのでは・・・。
ドル円70円台や、ユーロ円100円台は十分射程圏内だと思いますが、急激にモノが売れなくなっている消費事情下で日本も深刻なダメージを受けるはずですし(もう顕在化していますが)、円独歩高もピークは超えたような気がします。
ただ、あくまで全体なトレンドは円高を見込んでいますが。


【株式】
実体経済の悪化を示す経済指標がほぼ毎日のように発表されていますが、2009年は「100年に1度」の言葉どおり、深刻な不況(つまり恐慌ですね・・・)に見舞われると思います。
とにかく、「モノ」が売れない年。電機・自動車株は既にピークの半分以下になっていますが、来期の業績予想が発表される前後には、もう一段下値を探りに行くように思えてなりません。例えばトヨタ株が2000円を割れても何ら驚くことはないでしょうし、「その時」大胆に動けるように出来るだけ資金を温存しておきたいところです。従って、中長期狙いで保有している株も一部売却するかもしれません。
デフレ関連の銘柄は強いんでしょうが、既に上げてしまっている感もあるので、これ以上の上値を追っていくかは微妙。

一方で、個人的に仕込んでおきたかったのは資源関連株だったんですが、原油先物価格が30ドル台をうろうろしている間に、5000番台の株に手を出しきれなかったことを、今ちょっと後悔しています。これらの株価が再度下落してくれるのを待っていますが、こちらについては機会があるかどうか微妙な感じ。

海外株については、仮に横ばいでも為替差損を抱える可能性が高いので、基本的には見送るつもり(といっても、やはり下方向に行くと思われますが)。
新興国市場については、中国市場の底打ちを待っている状態。金融危機以降のBRICs動向を見ていると、やはりロシアは投資不適格に思えますし、インド・ブラジルも微妙な感じ。全く信用できない中国ですが、投資妙味は一番な気がします。


勢いでここまで書いていますので、後日訂正したり追記したりするかもしれませんが、現在の考えはこんな感じです。

基本的に曲げ屋ですから、これの逆にトレードすると良いかもしれません・・・


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントも歓迎です。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。