スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数少ないアイスランド情報

2008 - 02/13 [Wed] - 15:23

今日の日経新聞の国際ページで、「アイスランド」の文字が目に留まりました。

内容は、新興国市場から投資資金が流出しているというもので、中でもトルコとアイスランドの株式市場の下落が大きいそうです。そう言えば、以前に一度だけアイスランドの株価指数をネタにしたことがありましたが、最近はすっかり眼中にありませんでした。

で、先ほどアイスランド株価指数を見てみたのですが・・・

「ICEX 15種指数」では、昨年7月の高値約9,000超から、昨日の終値5,005.52まで約45%の下落を記録しています。今年に入っても年初水準約6,000超から下落していますので、約17%ほどの下落です。単純に日経平均に置き換えれば、高値18,000円から9,000円台まで下落する換算になりますから、その下落の凄まじさが伺えます。もう一つの指数「ICEX メイン指数」で見ても、下落率はさほど変わりません。
最近は株式と為替との連動性が強く、特に為替が株式相場に影響されていますので、こうした株価指数の状況を考えると、アイスランドクローナ安も納得ですね・・・
連動といえば、トルコリラとトルコ株式相場も同様ですが、こちらを見るとその連動性がよりわかりやすいです。トルコ株式指数「イスタンブールナショナル100種」「イスタンブールナショナル30種指数」を見ると一目瞭然ですが、ともに「今年に入ってから」株価指数が急落しています。ごく最近までトルコリラが非常に強く、TRY/JPYでも中々90円割れしなかったのですが、今年に入って80円台に落ちてきたのは、やはり株価下落が原因だったようです。
まぁ、その株価を下落させる要因も色々でしょうが、その一端が「スカーフ」なんでしょうかね・・・。

あまりこうした暗い記事ではなく、明るい話題で「トルコ」や「アイスランド」を目にしたいものです。



ここからは、Lion-FXへの愚痴です。読みたい方だけどうぞ。


日に日に、システムの状況が悪くなってきています。ドル円スプレッドは、謳い文句の1銭は全然見られなくなってきており、ほぼ2銭で固定されてきています。
成行の約定能力の低さは相変わらずで、表示値より3~5銭スリップするのがデフォルトになっているかのようです。
しかも、約定後にも中々ポジションウィンドウにポジションが現れません。証拠金はしっかり抑えられているのに、です。ポジションが表示されなければ、決済注文もできません。
一度、ログアウトして再ログインすると、忘れてたかのように表示されてきますが、再ログインし終わるころには大きく値が動いてしまい、まったく話になりません。

マイナー通貨ペアを1,000通貨単位から指値でポジるには問題ないと思いますが、スキャルピングするなら、今のところ全く使えないシステムです。

MJにも口座開こうかな・・・、でも何処もそんなに変わらないかな・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerpark.blog88.fc2.com/tb.php/141-3c3740e0

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。