スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米欧・要人発言

2008 - 06/10 [Tue] - 09:07

昨晩から今朝にかけて、要人発言が為替市場に影響を与えています。

まず、トリシェECB総裁。
先週の利上げ示唆に対して、その内容を堅持する旨の発言をしています。
「I stick rigorously to what I said,」
「What I said was entirely inspired by this necessity to anchor inflation expectations,」
だそうです。

次にポールソン米財務長官。
今のアメリカはドル安を求めているでしょうに、「強いドルを支持する」「強いドルは米国の国益である」など、狼少年的な発言を繰り返しているので、個人的にはあまり発言に注目していなかったのですが・・・。
「I would never take intervention off the table or any policy tool off the table,」
「I just can't speculate about what we will or won't do.」
為替介入やその他の政策手段を排除しない、としています。
介入を匂わせる発言だけに、これにはドル高・欧州通貨安で反応しています。

各国の思惑が渦巻いている感じですね~。

最後の問題児はバーナンキですが、そろそろ発言内容が伝わってくるころだと思います。
こちらにも注目です。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerpark.blog88.fc2.com/tb.php/235-f93a6439

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。