スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグ3救済法次第?

2008 - 12/09 [Tue] - 21:33

今日は、株も為替もハッキリしない値動きです。

やはり焦点は、週内にも採決される見通しのビッグ3救済法案の行方でしょうか。

日本に準えれば、トヨタ・日産・ホンダが破綻寸前ってことでしょうから、
社会的な影響も、雇用自体も、破綻のショックは相当大きいと予想され、
潰すに潰せないというのも、止む無しでしょうか。



・・・というか、


・・・だいたいですね。


いくら組合が強いからって、彼らは給料貰いすぎてたんです。
時給換算にしたら、日本の自動車メーカーの倍はコストがかかっているとか。

さらに、給料だけでは飽き足りず、年金や医療費まで過剰なほどの待遇で、
ちょっとでも満足できなきゃ、直ぐスト。

そんなんだから、仮にまったく同じ車を作ったとすると、米国企業の作る車は
日本企業より数十万円割高な車に仕上がるそうです。


金融業界も全く同じですが、今まで貰いすぎていた連中を救うために
「何故公的資金が使われるのか?」と考えるのは至極当然のこと。


 役員報酬は返上のうえ、経営陣は総退陣。
 給料全員2割カットで、ボーナスも当然なし。
 黒字化するまで、配当も停止。

労使および株主に、それぞれ痛みを負わせるぐらいの約束させてみてはどうでしょう。
それで会社が救済されるなら、安いもんだと思いますけど。

今、救済されたとしても高コスト体質が改まらない限り、何れは破綻するんでしょうし。


そんな杜撰な経営の結果が、私の資産価値の下落に影響するなんて許せない!
(結局、これが言いたかっただけです。今日は)


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントやリンクのお誘いも嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

スポンサーサイト

■ビッグ3救済大詰め 経営監視委員が再建管理-旗幟を鮮明にした管理が必要か?

こんにちは。ビッグ3の救済に関しては、やはり再建策がしっかりしたものでなければならないと思います。ここ数年は、現状の事業を続けるにしても、3 年~5年後くらいには、車を原点にしつつも、全く新しい分野に踏み入るようなイノベーティブな再建案が出ない限り、一気に失業者が噴出することを防ぐだけの延命策になるだけだと思います。それに自体にも意義はあるとは思いますが、アメリカのビッグ3、ここで踏ん張って、次世代の車屋がどのようになるべきかの範を世に示すべきだと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

>yutakarlsonさん
はじめまして。コメントありがとう御座います。

ビッグ3の救済については、しっかりした再建策がまとまらない限り破綻が今か数年後かの違いだけになるだろうという見方は、私も同意見です。

労働者側組織が強い米・自動車メーカーにおいて、一番手をつけ難いと思われる自らの給与に、大胆にメスを入れられるかどうかが、再建のカギになるのではないかと、個人的には思っています。
企業自体が「構造的に利益を上げられる」ようリストラクチャされ、自らの痛みで生み出された余剰資金が、次の事業構築につながるようだと、復活も見えてくるかも知れないですね。

ブログの方もぜひ伺わせて頂きます。訪問頂き、ありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerpark.blog88.fc2.com/tb.php/394-04da09c5

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。