スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不況とスイスフラン高。

2008 - 12/29 [Mon] - 13:29

ここのところ、スイスフランが非常に強い展開が続いていましたが、本日も特にCHF高でドルスイスは1.05台までドル売り、スイスフラン買いが進んでいます。

本日の値動きの背景には、イスラエルによるガザ地区への空爆が地政学リスクとして材料視されており、しばらく意識されていた無かった「有事のCHF買い」が進んだようです。

パレスチナに限らず、米国対イラン・アフガンなどの対立構図は緊張感を増しつつありますし、これまで好景気で目を瞑られていた地政学リスクが、再び意識されるようになる可能性は高いです。
これについては日本も他人事ではなく、米国が来年・アフガン増派となれば軍事的・金銭的支援を強制されることは目に見えていますし、この緊張下に引きずり込まれるでしょう。
また、体調不安が噂される北朝鮮の金正日体制が崩壊した場合は、すんなり世襲による国家支配が続くとは考えにくいため、一気に極東の緊張感が高まるかもしれません。


何より100年に1度の不況となれば、戦争により不況を打開しようとする動きが強まる可能性があります。戦争に突入すると兵士として雇用も生まれますし、軍需産業に莫大な資金が投入されますので、半ば無理やり需要が喚起されます。
ここで生み出される需要が一過性に終わるのかどうかは状況次第ですが、実際に世界恐慌(1929~)に終止符を打ったのは第二次世界大戦に他なりませんし、戦後の日本経済を救ったのは朝鮮戦争による特需、ブラックマンデー(1987)後の米国景気浮揚は湾岸戦争によってもたらされています。
あのベトナム戦争ですら、ボーイングやロッキードといった航空機会社に莫大な利益をもたらすのに一役買っています。


オバマ次期大統領がどのような選択をするかはわかりませんが、これまでのアメリカの選択は全く「Change」することなく「War」だったわけです。
21世紀型の需要喚起策を模索してもらいたいところですが、自国ご都合主義のアメリカが一朝一夕に変わるはずないと思うんですよね・・・

となると、来年もCHFは堅調でしょうか。また中東の地政学リスクが高まれば、原油安も回復するかもしれませんね。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントも歓迎です。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スポンサーサイト


下げてほしくないドルとポンド!
そして下げてほしいユーロ!
みごと反対にうごいちゃってます。
あーあ。

でも、私もたえますけどね。

>mikakomiffyさん
ポンド円、とうとう129円台つけてましたね・・・
これで達成感でも出てくれて、底打ちを期待したいところですが^^;

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerpark.blog88.fc2.com/tb.php/413-ba10f785

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。