スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮絶な行って来い。

2009 - 01/22 [Thu] - 09:39

金融業界人ではないので金融商品事情には疎いのですが、昨日AM0:00はドル円90円を権利行使価格にしたオプションが大量に行使期限を迎えるタイミングだったようで、AM0:00過ぎの値動きは非常に注目されていたとか・・・

それでこの権利行使価格を意識し、AM0:00を過ぎたあたりでは90.1円ぐらいだったのですが、その後これを逆手に取ったように、突如として投機筋からの大量のドル売り。これにユーロ売りも重なって、クロス円総崩れ。
久々に、瞬きする間に数十銭もレートが変化する相場を目の当たりにしました。

その後も円の急騰は加速し、ドル円は87.1円と前回安値を更新したのをはじめ、全通貨に対して軒並み猛烈な円高に。
昨日書いたポンド/ドルも2001年の安値水準を割り込んで、1985年以来の下値を記録。この時、ポンド円は119円台と壮絶な様相を呈する状況になりました。


荒れる相場を止めたのが「ドル円は87.00で日銀が待ち構えている」との介入の噂。正直、朝起きて猛反発していたのを見て、「介入きたな」と思いました。実際は、NY株式市場の反発に支えられた面が大きかったようですが。
しかし、投機筋も日銀の介入にはかなり警戒しているようですね、そんな感じの値動き。


その他、各国の要人発言等では、
 「通貨高抑制のためにスイスフラン売りの介入可能だ」
 「英ポンド安は問題だ」「2月のG7ではポンド安について議論するだろう」
など。
スイスフランの高値と、過度のポンド安には反発する動きがでそうなので、注意したいところです。

また、先ほど発表された本邦12月の通関ベース貿易収支はまた赤字になっています。
相対的に金融危機への影響が少なく、貿易黒字国として(消去法的に)評価された日本円も、大幅な輸出減・円高による貿易赤字化という形での金融危機の影響により、そろそろ「本当に円買いで良いのか?」という動きが出てきそうなんですが、どうでしょうか。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スポンサーサイト

ポンドやユーロのレートを見ると円買いも怖いといいながら円買いが進みましたからね。

どこで円買いがとまるかと言うと私がポンド、ユーロ売りした瞬間でしょうね。

ポチ

消去法で、一番ましと言っても一極持ちすぎは良くないだろう、、の機運がそろそろでてもいいかな~?と思います。

>masaruさん
いやいや、masaruさんが不用意に円Shortするとは思えないですよ^^;
いずれにしても、まだ反転する時期ではなさそうですね。

ポチ、ありがとうございます。

>mikakomiffyさん
色々なニュースや、情報配信を見ても、必ずと言っていいほど『消去法で』円が買われた、とあるんですよね。

日本の製造業が相当のダメージを受けることにスポットライトが当るころには、「一番まし」ではない・・・と評価が変わるように思ってます。

だいぶ、ポジショントークも入ってますけど^^;

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerpark.blog88.fc2.com/tb.php/427-f61cd6cf

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。