スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融庁・FXレバレッジ規制に関するパブリックコメントの茶番劇。

2009 - 08/04 [Tue] - 08:37

これぞ、まさに「THE 役所仕事」って感じです。

今年5月29日、金融庁は【「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」等の公表について】という題目でレバレッジ規制案を公表し、

1.外国為替証拠金取引(FX取引)については、最近、内外の金利差が縮小してきていること等から、店頭取引・取引所取引ともに、高レバレッジ化が進展してきています。高レバレッジのFX取引については、
 ①顧客保護(ロスカットルールが十分に機能せず、顧客が不測の損害を被るおそれ)
 ②業者のリスク管理(顧客の損失が証拠金を上回ることにより、業者の財務の健全性に影響が出るおそれ)
 ③過当投機
の観点から問題があると考えています。

という理由から規制を行うが、同案について意見(パブリックコメント)を募集すると発表しました。

これに対し910件のコメントが寄せられたようなのですが、大多数の意見に対して回答は「①顧客保護、②業者のリスク管理、③過当投機の観点から問題があると考え、規制をかける」としています。



はぁ?なんじゃそりゃ?




簡単に言えば、
「FXに問題があり、Aだと思うけどどうですか?」という問いに、
「Bだと思います」とコメントしたのに対して、
「いやいや、それはAです」と回答しているようなもの。

まっっっっったく意味がないですね、コメントを集めても。
というより、はじめから規制ありきなので、それを覆すことはありえないんでしょうけどね、端っから。

他方、どうでもいいような規制肯定意見は、やたら詳しく、また多数掲載されている感じです。

日本語のあいまいさや玉虫色の表現に対する、これもまた日本語的な回答で返されており、寄せられたコメントに対してまともに回答しているのは、指し示すべき条文・条項が間違っている指摘に対する修正ぐらいじゃないか・・・と思えるぐらいひどい。
な~んだ、結局コメント募集といいながら、内閣府令の条文添削をさせられてただけなのねって感じ。

こんなやつらに、FXの取引条件が左右させられるのが、妙に腹立たしいです。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerpark.blog88.fc2.com/tb.php/541-1a6eb0a7

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。