スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待って、待って、待って、待ち続けて・・・

2009 - 08/10 [Mon] - 10:39


その結果が、先週末の米・雇用統計。
完全に円高トレンドは終わったんですね・・・、ここまで「押し目」を待ち続けてきましたが、小さな動きは別として結局は押し目無し。それでも、米ドル円なら先月91円台がありましたが、豪ドルなど資源国通貨は、ここ最近本当に押す場面が全然無かった気がします。

今年の為替相場は、米ドル円87.1円が底。
以降、ずっと待ち続け。

1月下旬に、ドル円90円を回復しても、待ち。

4月に、ドル円100円を回復しても、待ち。

7月に、ドル円91円をつけても、待ち。


これが日経平均なら、

3月に、7,000円台をつけても、待ち。

3月下旬に、8,000円を回復しても、待ち。

5月に、9,000円を回復しても、待ち。

そして今10,000円を回復したのに、やっぱり待ち。


どんだけ、待つねん!
なんぼ、気ぃ長いねん!



ま、実際は臆病なだけですけど。

この間、全くトレードしてないわけではなく、外貨MMFをちょっぴり買ってみたりとか、ディフェンシブ系の株を買ったりとかはしてるわけですが、「機が訪れた!」と明確なロングポジションを取るにはいたらず、ついに先週末のような円高期待に止めを刺す爆騰に。

週末発表された、米・雇用統計が-24.7万人という数字は、昨年8月以来の好数値です(といっても、大幅なマイナスなんですけどね)。昨年は、9月に-32.1万人と大幅に数値を悪化させ、近いタイミングでリーマン・ショック。その後、円は猛烈に買われることになります。

米・雇用統計を軸に考えるなら、今のドル円97円は十分ありえる水準で、昨年9月は105円ぐらいが相場の中心でした。
豪ドル円なら、昨年9月の安値が81.5円ぐらいですから、同水準近辺で一旦止められているのが現状になります。そして、ここを抜けると85円ぐらいまではありそうです。
安値が脳裏に刻まれているので、今のレートは本当に手を出しにくいのですが、上記のように考えると別に「高値」を意識する水準でもありませんし、むしろそういう手がけ難い場面こそ、ポジションを取る時なのかもしれません。

ただ、私のような素人が「買い」と判断するころが、相場の転換点であることは過去に何度も経験済みですし、一旦素人の資金を吸収してから、相場は再び上昇トレンドに乗るのかもしれません。


上げなのか、下げなのか・・・
弱小素人個人投資家の苦悩は続きます・・・^^;


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerpark.blog88.fc2.com/tb.php/543-ccea6f78

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。