スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZAR/JPYのバッドティック(くりっく365)

2009 - 11/03 [Tue] - 10:20

 
既にロイターや新聞社が配信するニュースにもなっているタイトルの件ですが、10/31の引け際に「くりっく365(運営:東京金融取引所)」が提示するZAR/JPYのレートが、実勢レートから大きく乖離するバッドティックをつけました。

といっても、くりっく365側の見解は以下のとおりで、全く問題ないとの認識。

『10月30日付の南アフリカランド/日本円取引において、取引終了間際の4時59分についた値段は、その時点において、市場動向からマーケットメイカーが提示した市場レートであり、システム障害等によるものではありません。ご理解の程宜しくお願い致します』

システム障害ではないと言いますが、インヴァスト証券では新システムへの移行のタイミングでしたし、まず「本当なのか?」と疑いたくなるところ。
そして、下のチャートを見て、「ご理解」できるユーザーがどれだけいるだろうか。
(上が買気配チャート、下が売気配チャート)

ZAR/JPY

問題の時間、買気配チャートは最安値で「8.415」をつけているのに対し、売気配チャートでは「11.535」となっています。この安値同士の差をとると、実にスプレッド「3円12銭」。レバ4倍が、一瞬にして葬り去られる驚愕のスプレッドです。
わかりやすく10倍してドル円相当なら、スプレッド「30円」!

・・・ありえません。いくらマイナー通貨とはいえ、このスプレッドは到底納得できません。
他のFX業者が同様のレートを提示しているならともかく、こんなレートを配信したのはくりっく365だけ。

この異常値を受けて、11/2のOPENからはランド売りが殺到し、ZAR/JPYは一時10.8円台まで下落。その後は、それが「異常」だったことを裏付けるように、ランド円は急落前の11.5円水準まで回復しています。

取引量が減少する時間帯での、ある程度のスプレッド拡大は許容範囲とはいえ、これほどのスプレッドが開くような状況においては、気配値の提示そのものを停止させるのが本筋のはず。
「マーケットメイク方式」による取引価格の有利さや、「公的取引所」だから安心などと謳っているくりっく365のHPが、実に滑稽でちゃんちゃら可笑しい。


色々と問題のあるFX業界ですが、「安心」や「信用」が謳い文句だったくりっく365がここまで不誠実な対応をとるとは思いませんでした(まぁ、ほとんど使ってませんけど)。
こうした問題によって、金融庁なんかは「やっぱりレバレッジ規制が必要でしょ?」とか言い出すんでしょうかね・・・。規制の必要性が裏付けられるようで、実に後味が悪いです。
本当の問題は、マーケットメイカーやくりっく365側にあるはずなんですが。


↓をクリックして頂くと嬉しいです。コメントを頂けるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スポンサーサイト

久しぶりです。
ランド円でこんな事があったんですね、ランドは見ていない全く知りませんでした。大金で利息狙いの運用していた方は詐欺に合ったようなものですね。

>市さん
幸いにして今回は救済措置が取られるようですが、やはりFX業界が未成熟であると再び認識させられる一件でした。
ランドのようなマイナー通貨を、(ロスカットされる)レバレッジ4倍で運用する側にも責任が無いとは言えませんが、もう少し投資家側が保護されるような法整備が欲しいですね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerpark.blog88.fc2.com/tb.php/566-bebaeb65

 | HOME | 

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。