スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の相場展望

2011 - 01/07 [Fri] - 10:57

昨年の主な展望は以下の通りでした。


>基本的に今年はUSD>EURだと思います。
>中期ポジションをとるならEUR/USDやEUR/GBPのショートかなと思いますが、
>果たして「中期」で保有できるかどうかは疑問。

年前半はUSD/EURが@1.18台まで進むなど、大幅はUSD高・EUR安。
年後半は一転して@1.43台までEURが買われ、結局は1年かけて「行って来い」。
EUR/GBPも概ね同じような値動きで、「何だかな~」といった感じ。


>「リスク回避=円買」にはならないんじゃないか、というのが今年の予想。
> 資源国通貨>>USD>>JPY>EURぐらいが感覚的なところ。

実際のところは、資源国通貨>JPY>USD>EURといったところでしょうか。
AUD・CADを中心にポジションメイクしていれば、大負けするようなことは無かったはず。


投資結果として、FXでマイナス・国内株式でややプラス、トータルで若干マイナスといった成績でした。
一昨年と同じく、書いた通りに投資していれば、多分FXもプラスに出来たでしょうけど・・・




さて、問題は今年の予想。


正直なところ、「投資先がない」

リスク回避が意識されればまた円が買われ、ドル円が70円台に突入しても全く驚きはしません。
しかしながら、政治そっちのけで党内抗争に明け暮れる現政権下で日本に明るい材料などあるわけもなく、国債金利が突然上昇し始めたら、円暴落も驚くようなシナリオではありません。
「円」資産リスクが意識される流れが出来るような気がしてならず、個人的には「円」資産比率を低下させることが基本方針です。


では、円を何処に振り向けるか。これが悩みのタネ。


一昨日のADP雇用統計のポジティブサプライズは予想外でしたが、米国経済が本格回復に入っているとは思えません。
むしろ現在の株高が不思議なぐらいで、遠からず化けの皮が剥がれるでしょう。
大崩れはなくても、ドルが買いだとは思えません。

欧州もやはりダメ。
ギリシャ・アイルランドがデフォルトしてEURから除外されれば別ですが、そうした「無い」シナリオを期待しても仕方ない。
スペイン・ポルトガルの国債金利も上昇中ですし、目先は買う材料がない。

昨年強かったAUDも、年末からの豪雨で早速オーストラリアのGDP押し下げ予想が出るなど、変調の兆し。
いまやオーストラリア経済は中国からの影響を大きく受けますので、AUDは中国の動向に振り回されるでしょう。
今、AUDが強いのは政策金利が先進国中で突出していることが一因ですから、世界経済が回復基調に乗ると金利差が縮小して、多分AUDは弱含む。過度の入れ込みは避けた方が良さそう。

消去法的には、CADあたりしか残りませんね。


もう一つのリスクとして、各国の財政状態が極端に悪化していることがあります。
リスクを意識すると、外貨投資先として主力だった外債(特に国債)への投資がし難くなってきているように思える。
国に投資できないような状況が現実味を帯びてくるとなると、その時はもはや恐慌状態でしょうね。


となると、残るは現物資産でしょうか。
金?今からは買いにくいなぁ。


にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スイスフラン、つえ~なぁ

2010 - 12/22 [Wed] - 10:41

先日(12月16日)のSNBの16日の金融政策決定会合から、ヒルデブランド総裁のコメント。

Monetary policy operates in an environment of heightened uncertainty. Concerns about stability in the euro area have led to renewed financial market tensions. Against this backdrop, the Swiss franc has again appreciated. Should these tensions be exacerbated and put a strain on economic developments in the euro area, this would also have a detrimental effect on the Swiss economy. If a deflation threat emerges, the SNB would take the measures necessary to ensure price stability.

ユーロ圏の安定性に懸念があり、それを背景にスイスフランが上昇している。
(中略)デフレの脅威の脅威が台頭するなら、SNBは必要な措置を講ずるだろう。


ふ~ん、また介入する気なのかしら。それとも口先介入か。
続くコメントではこうも言っているので、とりあえず口先っぽい。


Since the beginning of the financial crisis, the SNB balance sheet has lengthened considerably and its composition has changed, in particular due to the SNB’s foreign exchange market interventions. Since the beginning of 2010, the balance sheet total has increased from CHF 207 billion to some CHF 280 billion. Moreover, the significant appreciation in the Swiss franc has resulted in considerable exchange rate losses on the SNB’s foreign currency investments.

(中略)スイスフランの上昇は、SNBの外貨投資(為替介入ですけど)に大きな損失をもたらした。

Although the Swiss franc has appreciated sharply since the beginning of the year, the deflation threat has declined as the economic recovery has strengthened.

スイスフランは年初から大きく上昇したが、デフレの脅威は景気回復とともに減退している。


SNBのバランスシートは、為替介入の結果それなりに傷んでいるはず(1兆円以上の為替損とか)で、追加介入には及び腰のはず。デフレ解消を理由に懸念だけ表明しておいて、「頼むからもうスイスフランを買わないでよ」って言っているように聞こえるのは、私だけでしょうか。

SNBが特に懸念しているのは、言うまでもなくEURに対するCHF高。
例の記事パクリ事件があった春先はEUR/CHF@1.46ぐらいだったのに、今やそのレートが@1.254だとは半年前には考えもしませんでしたが、SNBも大きな含み損を抱えてしまったもので、且つユーロには目先上昇の見込みはなし(介入を始めた頃は1.60とか1.50とか、そんなレートだったのにね)。

連日、ユーロ圏での格下げ報道がある中で、中々ユーロ買いには走りにくいですしね。
多少なりともPIIGS問題に解決の道筋が見えてくれば介入再開もあるでしょうけど、そうなる頃にはそもそも介入の必要が無くなっているわけで・・・

それでも、EUR/CHF@1.25という心理的な節目になりそうな数値にさしかかればちょっと介入期待もあるのですが、
一時的な反発を期待して今週一杯指値を入れておこうかな。



にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ



円高と、尖閣と、仙石由人

2010 - 09/27 [Mon] - 10:43


悔しい。
はらわたが煮えくり返るぐらい、腹が立つ。


 旧社民連 菅直人
 旧社会党 仙石由人


この著しく左に偏った売国人どもが日本のトップであるという現状は、
国として「最大不幸」そのものとしか思えない。


特に、仙石由人。あまりにひどい。

つい先日も6年ぶりに日銀砲を撃った際に、
「82円が防衛ライン」などと暴露した愚か者である。
為替介入の際に、その防衛ラインを明かすなど愚の骨頂。
いずれ、この防衛ラインはヘッジファンドに狙われることになるでしょう。


さて、本題は言うまでもなく尖閣諸島問題です。


仙石本人は、
「検察独自の判断で船長を釈放した。それを「了」とした」
などとほざいているようですが、
間違いなくこの売国人からの圧力があったのは疑いようがなく、
今回の対応で、国内外から「日本は中国からの圧力に屈した」と見られます。

なぜ、日本の主権を堂々と主張することすらできないのか。
こんな調子では、尖閣も竹島もいずれ日本から切り離され、
参政権は外国人(特に中韓)にばら撒かれることになるでしょう。

なぜなら、仙石由人は、
旧日本社会党議員であり、
北京オリンピックを支援する議員の会に籍を置き、
在日韓国人をはじめとする
永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟に参加する、
筋金入りの左傾人であるから。

対韓戦後保証についても、
日韓基本条約で韓国人個人の請求権を放棄させているにもかかわらず、
わざわざ日本の側から穿り返そうとする大馬鹿です。


このような人物が、日本の官房長官とは言葉に表せないぐらい嘆かわしく、
そして不幸です。


それにしても、中国は日本のアキレス腱をしっかり把握しています。
レアアースを抑えて、ちょっと人質をとって揺さぶれば、
簡単に仙石のような馬鹿があわてて、折れてくるわけですから。

レアアースは日本の製造業にとって生命線であるのは間違いないですが、
ある程度の備蓄はあるわけで、今日明日にすぐ困るわけではない。
さらに、こうした輸出制限はWTOの協定違反ですから、
国際社会に堂々と訴えればいいのです。


こうした事態が発生すると、
必ず「話し合いで解決できる」などとほざく阿呆が沸いてくるが、
詐欺師国家・中国相手に話し合いで解決できるわけがない。
どんだけ、平和ボケしているのか?と。

特許にしても、著作権にしても、登録商標にしても、
あれだけ好き放題パクられっぱなしなのに、
どうしてそんなに中国人を手放しで信用しようとするのか。

パクりが罪とも認識していない超個人主義の詐欺師に、
なぜ話し合いが通じると思えるのか。


恐らく、民主党代表選で小沢一郎が当選していたら、
今回の一件は、ここまで日本にとって悲惨な状況にならなかったでしょう。
但し、小沢は媚中ですから、そういう路線での解決になったでしょうけど。


毎日、この尖閣問題が報道される度に、日本の外交力の無さに失望させられます。
確かに、政権交代を望んだのは、過半数を超える国民ですが、
こんな政治を期待したわけでは、決してない。


既得権益の破壊はなおざり、
経済には音痴ぞろいで果てしない円高、
税制改革も遅々として進まず海外に逃げる企業、
反米・媚中の外交、
そして、夢も希望も見出せない日本の将来。

尖閣問題であらためて認識させられる、
可哀想な国、ニッポン。


嗚呼、悔しい。
私にできるのは、3年後の国政選挙に参加するぐらいなのが。


にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


可哀想な国、ニッポン

2010 - 08/26 [Thu] - 12:00


以下は、一国の首相・財務相・中央銀行総裁の発言です。


8月12日 野田
「為替の状況を極めて注意深く見守っていきたい」

8月12日 白川
市場の動きや国内経済に与える影響を「注意深くみていく」

8月16日 菅
「為替の問題も含めて、注意深く見ておく必要がある」

8月23日 野田
「首相から『マーケットの動きを注意深く見てほしい』と指示を受けた」

8月24日 野田
「相場の過度な変動は経済や金融の安定に悪影響を及ぼす。重大な関心をもって極めて注意深く見守る」


酷い。あまりにも、無策すぎます。
「見てるだけ」じゃん あんたら。

専ら、政府・与党の関心事は9月の代表選に集中しており、
ドル円が83円台になろうが、ユーロ円が105円台になろうが、
経済も国民生活もそっちのけ。


昨日になって、ようやく為替介入をほのめかすコメントも出ましたが、
口先介入も遅きに失している。

8月25日 野田
「必要な時には適切な対応を取らなければいけない」


これほど、酷い国家運営は先進国中では見たことがない。
あまりにも、日本という国が可哀想です。


そりゃ菅直人では、総理は無理でしょ。器じゃない。
でも、小沢一郎という選択肢は国民には無い。
にもかかわらず、代表選に出馬表明する小沢。
どれだけ、空気が読めないのかってハナシですな。
万一、当選しても、スタート時の内閣支持率は20%台なんじゃないだろうか。
多分、歴史に残る低支持率内閣になるでしょう。
それぐらい、嫌悪されていることに気づかない鈍感力は大したもの。

鳩山由紀夫も酷いもので、
「小沢氏を支持するのが大義だ」などとほざいているらしい。
小沢を表舞台ださないようにするのが、貴方の大儀ではなかろうか。



あまりにも腹が立つので適当に書きなぐってみましたが、
「もう、日本はダメだな・・・」とつくづく思う。
民主党という政党に、政権担当能力が無いことは明らかですが、
ダメ議員が自分たちに都合がいいように法律を作っているので、
閉塞感溢れる現状況を打開することも出来ません。
そんなダメ国家の通貨が、今一番買われているという状況は皮肉ですね。

あ、他国はみな自国通貨安にしたがっているわけですから、
ダメ国家通貨は高くなって必然なわけですよね、うん。



にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


誰が押してくれてるんだろう・・・

2010 - 08/07 [Sat] - 20:44


ほぼ放置状態の、このブログ。

一旦更新しなくなると、中々以前のように書く気も起こりません。


今日、ほぼ2ヶ月ぶりにブログ村のランキングを見てみたら、

こんなブログにINポイントが入ってるし・・・



一体誰なのかなぁ・・・

記事更新の催促かな?まぁ、それは無いかな^^;

兎も角、ポチってくれてありがとうございます。


FX以外のネタだったら書くことがないわけでもないんですが、
このブログはほぼFX・株ブログ化しているので、
他のジャンルでは書きづらくなっているのも事実です。


そこへ持ってきて、ほぼFX取引していないのが最近の私なので、
書くこともありません^^;

また、仕事の忙しさに比例してFX熱もだいぶ冷めてきたみたい。


昨日の晩は米・雇用統計でドル円85円の攻防がありましたが、

「ふ~ん、まぁ85円割れるかもしれないし、割れないかもしれないし、
 どっちに転んでもいいんじゃない?」

といった感じでしか、相場を捉えていませんでした。


それぐらいさめた目で見ていれば、客観的に相場を捉えることができて、
こういう視点でこそFXに望むべきなのかもしれませんが、
今は、FXより大事なことがあるので、私の中でのFX優先度は低いんです。

日々の為替変動に気を揉んでいる場合ではないので、、
口座に入っていた資金も殆ど抜いちゃいました。
(その資金は、今カナダ国債に化けていますけど・・・。現物放置です)


そういえば、今月からレバレッジ規制が始まってますね。
日経新聞には取引量が激減したような記事があった気がしますし、
円売りが主体の本邦個人投資家の取引数量が落ちることで、
円高圧力がかかる(円安圧力が弱くなるので)との予測記事もありました。

仮に、取引高半減だとすると、一体どれぐらいの業者が生き残れるんでしょうね。


FX業者のみなさん、
いい加減アフィリエイターに金をばらまくんじゃなくて、
その販促費を、既存顧客に還元しては如何でしょうか。

もう、新規顧客獲得を期待できる時期は過ぎましたよ。
既存の優良顧客を大事にするようにしなさいよ。


じゃないと・・・


大変なことに、なりますよ。

« | HOME |  »

プロフィール

メジャー通貨レート


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

マイナー通貨

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

ニュース

FX セミナーFX投資ツール

指標スケジュール

FX投資スタイルブログパーツ

予測

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。